PR

問題

問21 GPLの下で公開されたOSSを使い、ソースコードを公開しなかった場合にライセンス違反となるものはどれか。

ア OSSとアプリケーションソフトウェアとのインタフェースを開発し、販売している。
イ OSSの改変を他社に委託し、自社内で使用している。
ウ OSSの入手、改変、販売をすべて自社で行っている。
エ OSSを利用して性能テストを行った自社開発ソフトウェアを販売している。

テクノロジ系>コンピュータシステム>ソフトウエア>オープンソースソフトウエア

解説と解答

 OSS(Open Source Software)はソースコードをインターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウエアの改良、再配布が行なえるようにしたソフトウエアです。

 GPL(The GNU General Public License)は、OSSのライセンスの一形態です。GPLに基づくソフトウエアは、ソースコードを公開する義務があります。公開したコードを使い、自由に利用、複製、改変、頒布ができます。

 それぞれの選択肢を見てみましょう。

 選択肢アの記述にあるインタフェース部分は、OSSとは別プログラムと考えられます。従って、GPL違反ではありません。

 選択肢イの記述には「自社内で使用している」とありますが、GPLでは自社内で使うソフトウエアを公開することは求めていません。このため、選択肢イはライセンス違反ではありません。

 選択肢ウの記述にある「販売」は、改変されたバージョンを公にすることになります。この場合、そのソフトウエアのライセンスはGPLを適用しなければなりません。ソースコードを公開しなかった場合、ライセンス違反になります。

 選択肢エの記述のように、OSSを利用するだけであれば、GPLは関係ありません。

 以上より正解は、選択肢ウです。

城田 比佐子、関谷 昌太
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2010年版」などがある。