PR

 尊敬語や謙譲語は、過剰表現に気をつけましょう。

 選択肢1の「製品のメリットをご紹介させていただきたいと思います」は、「ご紹介する」と「紹介させていただく」の両方に謙譲表現が使われており、過剰表現です。この場合は、「ご紹介します」あるいは「紹介させていただきます」で十分です。

 選択地3の「先ほどおっしゃられました○○の件は・・・」は、「おっしゃる」と「~られる」の両方に尊敬表現が使われており、これも過剰表現です。この場合は、「先ほどおっしゃいました○○の件は」と表現します。

 選択肢4の「○○様がお見えになられました」も、「お見えになる」と「~られる」の両方が尊敬表現で、過剰表現です。「○○様がお見えになりました」で十分です。

 過剰表現が気になって、話の内容に集中できなくなる人もいます。尊敬語、謙譲語の過剰表現には注意しましょう。


岩淺 こまき(いわあさ こまき)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント
1997年,システム販売会社に就職し,営業・技術支援および導入企業向けの研修を担当。その後,人材紹介会社での中途入社社員向けビジネスマナー/IT研修,メーカーでの販売促進セミナーの企画・運営業務を経て,2007年より現職。ビジネスマナー,プレゼンテーション,コミュニケーションなどヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。