PR

 御香典に包む金額に、厳密な決まりがあるわけではありません。自分と相手との関係と自分自身の年齢によって、相場とされる金額を包むことが多いようです。

 金額は「20歳代で知人の御家族なら3000~5000円」がスタート地点で、亡くなった方(もしくは喪主)との関係が近ければ近いほど、自分自身の年齢が上がれば上がるほど高額になる、と覚えておきましょう。

 今回の場合、お世話になっている上司の御家族が亡くなったのですから、お通夜に参列するのであれば、選択肢2のように1円も包まないのはマナー違反です。年齢は20歳代なので、金額は3000~5000円となります。選択肢1の1000円では少なすぎますし、選択肢4の1万円では高額すぎます。御香典の一般的な金額を表にしたので、参考にしてください。

相手との関係亡くなった方あなたの年齢
20歳代30歳代40歳代
知人・友人御家族3000~5000円5000~1万円5000~1万円
相手本人5000円5000~1万円1万円~
家族・親戚祖父母、おじおば、いとこ1万円1万円1万~3万円
兄弟3万円3万~5万円3万~5万円
両親10万円10万円10万円

 ここで、金額を「奇数」にすることだけは忘れないようにしてください(ただし、7と9は避ける)。これは慶事でも弔事でも変わりません。表で「3000~5000円」とあっても、4000円を包むことはしません。3000円か5000円を包みます。


森 美緒(もり みお)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント,産業カウンセラー
1999年,教育出版社に就職し,営業および営業担当者向け研修を担当。商社での秘書業務を経て,2005年にグローバル ナレッジ ネットワークに入社。2006年より現職。ビジネスマナー,プレゼンテーション,コミュニケーションなどのヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。