PR

■『日経NETWORK倶楽部メール』2009/10/30(vol.55)

☆☆☆実際にさわって理解を深めましょう☆☆☆

 こんにちは。編集長の小原です。

 「パケット・キャプチャでTCPを究める」――これが11月号で新しく
スタートした連載です。パケット・キャプチャにおける定番のフリー・
ソフト「Wireshark」を使い,TCPのやりとりを実際に見て理解しようと
いうもの。第1回は,スリーウエイ・ハンドシェークでコネクションを
確立し,データを転送するしくみなどを解説しました。

 p.105の「編集室から」にも書きましたが,私自身,十数年前にベン
ダーからプロトコル・アナライザを借りてきてNetBEUIやIPX/SPXといっ
たプロトコルの動きを調べて,記事を書いていました。誌面で勉強する
だけではわかりづらいことも,実際にさわってみると理解が進みます。

 連載の前半ではまず,Wiresharkの使い方を示しました。文字や数字の
羅列を見ると難しそうですが,使ってみると意外と簡単です。皆さんも
ぜひ,連載を読みながら手を動かしてみてください。

 特集は「役に立つ ネットワーク図」と「見えてきた 新型NATの姿」。
運用現場のノウハウと,新技術/仕様の詳細解説という毛色が全く異なる
2本立てをお楽しみください。

 12月2日(水)には,前者の「ネットワーク図」特集でご登場いただい
たユーザー企業3社の担当者をお招きしたセミナーを開催します。質疑
応答を兼ねたパネルディスカッションも行いますので,「直接聞きたい
ことがある」という方,参加をお待ちしております。セミナーの詳細は,
本メールの「編集部からのお知らせ」をご覧ください。

 新しくなった本誌ならびに日経NETWORK倶楽部メールに関するご意見・
ご感想をお待ちしています。送付先は以下の通りです。

e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

============================================================================

■INDEX
1.特集プラスワン
 ●米国と日本ではネットワーク図が違う
 ●ICANN事務総長の発言「IPv4枯渇は2010年」で大騒ぎに
2.「トラブルからの脱出」取材日記
 ●社内IT部署が分離すると・・・
3.今号のリンク
4.編集部からのお知らせ

============================================================================

1.特集プラスワン

●米国と日本ではネットワーク図が違う

 今月号の特集1のテーマは,「役に立つネットワーク図」。基本的な
考え方と,ユーザー企業の応用例を軸にまとめました。取材では,ユー
ザー企業に限らず,インテグレータや機器メーカーにもいろいろ取材し
ました。

 なかでも印象に残ったのは,日本IBMでネットワーク・インテグレー
ションを手がけている方の話。日本のネットワーク図は米国と大きく違
うのだそうです。ひとことで言うと,日本のネットワーク図は「細かい」
とのこと。「どうしてこうなっているか」という理由や,細かな構成ま
で盛り込もうとしているというのです。

 背景にはネットワークの作り方の違いがあるといいます。日本のネット
ワークは,担当者が方針を決めるボトムアップ型。方針の説明にネット
ワーク図が使われるために,細かくなるというわけです。日米のどちら
が正しいというわけではありませんが,それぞれの事情に応じてネット
ワークが変わる好例だと感じました。(阿蘇)

----------------------------------------------------------------------------

●ICANN事務総長の発言「IPv4枯渇は2010年」で大騒ぎに

 11月号の特集「新型NATの姿」では,IPv4グローバル・アドレスの在
庫枯渇とIPv6対応のための新技術を紹介しました。この号が皆さまのお
手元に届く直前の10月末に,IPv4グローバル・アドレスの枯渇時期につ
いてちょっとした騒ぎがありました。来日したICANN(Internet Corpo-
ration for Assigned Names and Numbers)のロッド・ベックストロム
事務総長が,記者団に対して「IPv4グローバル・アドレスの割り当ては
2010年10月で終了」という発言をしたという報道が出たのです。

 これは,APNIC(Asia Pacific Network Information Centre)のチーフ・
サイエンティストであるジェフ・ヒューストン氏が公開している予測よ
りも約1年早い見通しになります。ヒューストン氏の予測は日々刻々と
更新されており,現在では「IANAからRIRへ払い出すIPv4アドレスの枯
渇は2011年11月」となっています。私は当初,「書いた記者が表記を1年
間違えたのでは?」と思いましたが,べックストロム氏のtwitterアカ
ウントを見ると,同じような趣旨のつぶやきがありました。

"IPv4 Internet address space ICANN final allocation (exhaustion)
policy:
http://www.icann.org/en/general/allocation-remaining-ipv4-space.htm
May be triggered late 2010."

 この件はユーザーだけでなく,専門家にとっても寝耳に水だったよう
です。数時間後には日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
から,事務総長の発言に対する以下のようなコメントが公開されました。

「IPv4アドレスの最終割り振りは2011年後半と予測されており,各RIR
を含め,世界的にもその予測に基づき対応を進めております。『2010年
10月』という現在の予測と異なる,同氏の発言の裏付けとなるような新
しい情報は現時点では得られておらず,IPアドレスを管理するインター
ネットレジストリの中で大きく方針転換された事実もありません」
(http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2009/20091023-02.html)

 後でべックストロム氏が「ヒューストン予測が現時点で最も精度が高
い予測。私の見込みは悲観的過ぎた」という事実上の訂正をtwitterで
つぶやいたことで,一度,事態は収束しました。べックストロム氏はそ
の後もtwitter上で米国在住のエンジニアによる独自の予測を紹介して
います(http://ipv4depletion.com/?page_id=147)。こちらの予測で
は,IANAからの払い出しは2011年3月に終了する計算だそうです。

 最初の「2010年」という予測の根拠は明かされなかったのですが,今
回の騒ぎから「専門家にも本当の枯渇時期はわからないんだな」という
今さらながらの単純な事実を思い出しました(一種の資源管理団体であ
るICANNの大ボスが,こんなにカジュアルにいろんな予測を紹介してい
いのか?という問題はここでは保留にしておきます)。これまでヒュー
ストン予測を唯一のよりどころにしてしまいがちだったのですが,政治
的,経済的な動きによっては劇的に状況が変化してもおかしくはありま
せん。それこそ,ICANNあたりがその気になったら「ワザと」アドレス・
ブロックの払い出し時期を早めることだってできるかもしれない(これ
は極端な例え話であって,本当にICANNがそんなことをすると思ってい
るわけではありません,念のため)。枯渇時期予測はこのような感じで
「揺れる」ものであることを再認識して今後の取材にかかろうと思いま
す。(田村)

============================================================================

2.「トラブルからの脱出」取材日記

●社内IT部署が分離すると・・・

 11月号の「トラブルからの脱出」は,トムソン・ロイター・マーケッツ
で起こったトラブルを紹介しました。通信社として「ロイター」の名前
をご存知の方は多いと思います。カナダのトムソンと英国のロイターが
2008年に経営統合して発足したのが,トムソン・ロイターです。ロイター
の名前は昔から知っていましたが,トムソンと一緒になっていたとは恥
ずかしながら知りませんでした。こういった話に疎い私は取材で初めて
聞きました。

 トムソンとロイターでは経営統合の際,社内体制の見直しがあったそ
うです。今回取材でお話をうかがったトムソン・ロイター・マーケッツ
の落合さんは,元々はロイター側の従業員。落合さんのお話によると,
経営統合前にロイター側の社内IT部署はイギリスの富士通サービスに移
行したのだそうです。社内IT部署の部員はそのまま富士通サービスに移
籍し,富士通サービスはトムソン・ロイターから社内SE業務を受託して
います(http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070816/279808/)。
ですのでトムソン・ロイター・マーケッツの社内では今までどおり社内
IT部署の部員の席があり,その業務内容も変わっていないそうです。

 トムソン・ロイターの社内IT部署は,スマートに別会社に移行できた
例なのでしょう。でも,こういった形で社内IT部署が分離するケースが
増えると,社内ネットワーク担当者の仕事も変わっていくこともあるん
だろうなと思いました。「雇用」と「業務」をどう考えるのか,という
昔ながらの課題です。会社の事情で従業員の雇用や業務内容が変わるケース
は今後も増えていくでしょう。真面目にインフラを管理している人たち
が安心して業務を続けられる環境があることは重要だと感じました。
(久保田)

============================================================================

3.今号のリンク

最新の2009年11月号で紹介した記事のURLを,コラム別にまとめました。

-----編集部が選ぶ注目ニュース(p.16)----------------------------------

●NTT東日本,下り最大200Mビット/秒の新メニューをフレッツ光に追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090930/338144/
●ウィルコム,次世代高速通信「XGP」を10月1日から400人限定で開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090924/337699/
●KDDIが1枚でWiMAXとCDMAが使えるデータ通信カードを発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090930/338091/

-----ニュースヘッドライン(p.17)---------------------------------------

●ケイ・オプティコムが関西全域で無線LANサービスを開始,3万基地局
を設置へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090929/338076/
●ノートPCの盗難者を追跡する遠隔管理サービスが日本上陸
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090930/338062/
●「ワンタイムパスワードでも防げない」,ブラウザーの乗っ取りが急増
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090930/338084/
●米Cisco,テレビ会議システム大手のノルウェーTANDBERGを買収
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091001/338217/
●Wi-Fi Alliance,IEEE802.11n仕様確定で認定プログラムを改定
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091001/338184/

●ICANN,米国政府の管理下から独立へ,商務省と合意
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091001/338161/
●ついに登場,マイクロソフトの無料ウイルス対策ソフト日本語版
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091001/338177/
●メッセージラボ,中小企業向けにセキュリティ・サービスを日本語化
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091006/338473/
●「Hotmailだけではなかった」――GmailやYahoo!メールのパスワード
も流出
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091008/338561/
●新種ウイルスを捕獲する“人柱型”ハニーポット,フォティーンフォティ
が発売
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091009/338667/

●T-Mobile Sidekickのユーザー・データが消失,マイクロソフト子会
社のサーバー障害で
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091013/338736/
●「TCPのぜい弱性を利用したDoS攻撃はその後も起こっていない」,
マイクロソフトのプレス説明会から
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091014/338829/
●ビックカメラとWi2が提携,月額380円で使い放題の公衆無線LANサー
ビスを開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091014/338812/

-----特集1「役に立つネットワーク図」(pp.22-35)---------------------------

●J.A.グリーン氏が開発したフリーのネットワーク図描画ツール「Network
Notepad」のホームページ
http://www.networknotepad.com/

●マイクロソフトのグラフィック・ツール「Visio」で使えるステンシル
のリンク集
http://www.microsoft.com/japan/office/2007/visio/prodinfo/shape/network.mspx

●米ソーラーウインズの機器探索ツール「LANsurveyor Express」のWeb
サイト
http://www.solarwinds.com/

-----パケット・キャプチャでTCPを究める(pp.76-81)-----------------------

●いけりり★ネットワークサービスのホームページ
http://www.ikeriri.ne.jp/

●米ワイヤーシャーク財団が開発するオープンソースのパケット・キャプ
チャ・ソフト「Wireshark」のダウンロード・サイト
http://www.wireshark.org/

-----新米セキュリティ担当者が行く! CSIRT奮闘記(pp.82-85)-------------

●沖電気工業(OKI)のホームページ
http://www.oki.com/jp/

●沖電気ネットワークインテグレーション(OKINET)のホームページ
http://www.okinw.co.jp/

●JPCERTコーディネーションセンターのホームページ
http://www.jpcert.or.jp/

-----シスコ資格 CCNAへの道(pp.96-99)------------------------------------

●ITpro連載「シスコ資格:CCNAへの道」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051031/223754/

-----仕事に役立つWebサービスPickUp(p.100)--------------------------------

●米SlideShareが提供するプレゼンテーション共有サービス「SlideShare」
のWebサイト
http://www.slideshare.net/

-----スクエア(pp.103-105)------------------------------------------------

●HTML5推進の業界団体「WHATWG」のデモ・ページ
http://www.whatwg.org/demos/

●ITpro連載記事「IPv6/IPv4トランスレータ入門」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090907/336622/

-----IPアドレス枯渇カウントダウンSELECTION(p.107)-------------------------

●IPv4アドレス枯渇に関連したインターネットの最新事情を紹介するWeb
サイト
「IPアドレス枯渇カウントダウン」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/network/v4kokatsu/

-----展示会/セミナー----------------------------------------------------

●C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2009
http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/

●NGN要素技術・QoS実証編―有線NWと無線NWのIP-QoS―
http://www.neclearning.jp/courseoutline/courseId/MN404/

●Inter BEE 2009
http://www.inter-bee.com/

●IIJ Technical WEEK 2009
http://www.iij.ad.jp/news/seminar/2009/techweek.html

●Internet Week 2009
http://internetweek.jp/

============================================================================

4.編集部からのお知らせ

●「ネットワーク運用・管理の『見える化』実践法」セミナー開催!

 電子メールが止まっただけでビジネスの遂行に支障を来してしまう今,
企業ネットワークにおける運用・管理の質を上げることは喫緊の課題と
言えます。とはいえ運用・管理はネットワークの用途,構成,重要性,
体制などに左右されるため,これだけ守れば大丈夫という定石はありま
せん。ただ,こうした課題を克服している企業は存在します。そしてそ
うした各社の運用・管理の成功例には共通点があります。ネットワーク
の実体とその作業内容の「見える化」を通して,今まで把握できなかった
ものを浮き上がらせたり,スキルに左右されない迅速な対応を実現した
りしているのです。

 日経NETWORKでは,課題克服に取り組み,成果をあげたユーザー企業
3社にご登壇いただき,現役の担当者が成功のポイントを解説するセミ
ナーを企画しました。ぜひ,ご参加ください。

<<セミナー概要>>
・開催日 2009年12月2日(水) 13:00~17:30(開場12:30)予定
・会場  TEPIAホール(東京・外苑前)
・主催  日経NETWORK
・料金  2万3000円(税込),早期割引:2万1000円(税込)
・特典  ムック「絶対わかる! ネットワークエンジニア超入門」
     および日経NETWORK 2009年11月号を贈呈

<<プログラム>>
13:00~14:00
『安定稼働の秘訣は変化の先取り
ボトルネックへの早期対応と障害防止』
外為どっとコム システム一部部長 広瀬和由氏

14:10~15:10
『ISMS認証取得で運用管理をブラッシュアップ
第三者の眼が網羅性と可読性を鍛える』
CSアカウンティング システム部長 大沢大作氏

15:20~16:20
『変化に耐え得るドキュメント管理 
誰でも守れるルールはこうして作る』
ミツカン ビジテック 情報システム部システム管理課長 竹嶌敏雄氏

16:35~17:30 質疑応答を兼ねたパネルディスカッション

<<申し込みURL>>
http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nnw/semi/0912/

●Windows 7に対応!『絶対わかる!Windowsネット超入門 第3版』を
発売しました
 日経NETWORKの超入門シリーズの最新刊「絶対わかる!Windowsネット
超入門 第3版」を10月22日に発売しました。
 Windowsネットワークはオフィス/家庭を問わず身近な存在です。とこ
ろがWindowsネットにはインターネットのTCP/IP通信とはまた異なる独
特の“クセ”があり,それを理解していないと使いこなせなかったり,ト
ラブル時に対処できなかったりします。本ムックは,そんなWindowsネット
ワークを活用するために必要となる知識を,基礎から解説する1冊です。
 Windows7やWindows Server 2008 R2のネットワーク新機能をいち早く
解説したほか,Windows XP/VistaやWindows Server 2003といったレガ
シーOSを使いこなすための実践テクニックも豊富に盛り込みました。

 価格は2200円。書店のほか,以下のURLからお申し込みいただけます。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/184560.html

============================================================================
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------------
◆メール登録内容の変更はこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/servlet/UpdateUserTopServlet
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。

◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせはこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html

◆日経NETWORK倶楽部メールに関する各種お問い合わせはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/

◆日経NETWORKおよび日経NETWORK倶楽部メールの内容に関するご意見・
 ご要望はこちらまで。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

◆日経BP社に関する各種お問い合わせはこちらから。
http://store.nikkeibp.co.jp/QA/
tel:03-5696-1111

◆日経NETWORKのWebサイトはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/

============================================================================
Copyright(C) 2009,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
============================================================================