PR

問題

問69 ある製品の設定価格と期待需要の関係が1次式で表せるとき、aに入る適切な数値はどれか。

(1) 設定価格を3,000円にすると、需要は0になる。
(2) 設定価格を1,000円にすると、需要は60,000個になる。
(3) 設定価格を1,500円にすると、需要は[  a  ]個になる。

ア 30,000 イ 35,000 ウ 40,000 エ 45,000

ストラテジ系>企業と法務>企業活動>OR・IE

解説と解答

 1次式は、y=ax+bで表します。ここでyやxは変数を表し、aやbは数字を表します。問題文に基づき設定価格をx、期待需要をyとして1次式を2つ作り、連立1次方程式で解答を求めます。

問題文(1)より、0=a×3,000+b…(I)
問題文(2)より、60,000=a×1,000+b…(II)

 (I)と(II)の連立方程式により、aとbを求めます。具体的には、(I)から(II)を引きます。
0   =a×3,000+b…(I)
60,000=a×1,000+b…(II)
------------------------
-60,000=a×2,000
    a=-30

 次に、(I)の式にa=-30を代入します。
0=(-30)×3,000+b
0=-90,000+b
b=90,000

 以上の結果に基づき、a=-30とb=90,000を問題文(3)に当てはめます。
y=(-30)×1,500+90,000
=-45,000+90,000
=45,000

 以上より正解は、選択肢エです。

城田 比佐子、関谷 昌太
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2010年版」などがある。