PR

問題

問52 あるシステムを開発するための工数を見積もったところ150人月であった。現在までの投入工数は60人月で、出来高は全体の3割であり、進捗に遅れが生じている。今後も同じ生産性が続くと想定したとき、このシステムの開発を完了させるためには何人月の工数が超過するか。

ア 50
イ 90
ウ 105
エ 140

マネジメント系>プロジェクトマネジメント>プロジェクトマネジメント>プロジェクトタイムマネジメント

解説と解答

 問題文より、現在までの投入工数が60人月で、出来高が全体の3割(0.3)です。また、今後も同じ生産性が続くということがわかっています。これにより、全体を完成させるのに必要な工数は、60人月÷0.3=200人月であることがわかります。

 また、当初は150人月の工数を見積っていたこともわかっています。そのため、200人月-150人月=50人月が超過分になります。

 以上より正解は、選択肢アです。

城田 比佐子、関谷 昌太
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2010年版」などがある。