PR

問題

問73 構成表の製品Aを300個出荷しようとするとき、部品bの正味所要量は何個か。ここで、A、a、b、cの在庫量は在庫表のとおりとする。また、ほかの仕掛残、注文残、引当残などはないものとする。

ア 200
イ 600
ウ 900
エ 1,500

ストラテジ系>企業と法務>企業活動>OR・IE

解説と解答

 正味所要量とは、総所要量から在庫量を差し引いた量のことです。このことを踏まえ、部品bの正味所要量を求めてみましょう。

 まず、製品Aの正味所要量を求めます。製品Aを300個出荷するにあたり、在庫量が100個あるため、製品Aの正味所要量は300-100=200個です。

 次に、部品aの正味所要量を求めます。部品aはA×3個必要であるため、a=200×3=600個が総所要量となります。部品aの在庫が100個であるため、正味所要量は600-100=500個です。

 そして、部品bの正味所要量を求めます。部品bはA×2+a×1個必要であるため、200×2+500×1=900が総所要量となります。部品bの在庫が300個であるため、正味所要量は900-300=600個です。

 以上より正解は、選択肢イです。

城田 比佐子、関谷 昌太
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2010年版」などがある。