PR

問題

問78 プログラム中のアイディアやアルゴリズムは保護しないが、プログラムのコード化された表現を保護する法律はどれか。

ア 意匠法
イ 商標法
ウ 著作権法
エ 特許法

ストラテジ系>企業と法務>法務>知的財産

解説と解答

 それぞれの選択肢の用語について確認しましょう。

 選択肢アの「意匠法」は、物品の形状、模様、色彩、またはこれらの組み合わせなど外見的なデザインを保護する法律です。

 選択肢イの「商標法」は、企業がビジネスを行っていくうえで、商品やサービスに記される目印(文字・図形・記号)などを保護する法律です。

 選択肢ウの「著作権法」は、著作物とそれを創造した著作者を保護する法律です。論文、小説、音楽などの他にプログラムのソースコードやデータベースなども保護されます。アイディアやアルゴリズムは表現そのものではないため保護されません。

 選択肢エの「特許法」は、発明を保護する法律です。発明とは自然法則を利用したアイデアの創作のうち高度なものを指します。

 以上より正解は、選択肢ウです。

城田 比佐子、関谷 昌太
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2010年版」などがある。