PR

問題

問38 ソフトウェア保守に含まれるものはどれか。

ア 工程内に開発が終わらないことが分かり、あらかじめ開発要員を増員する。
イ 障害を引き起こす可能性のあるプログラムを見つけ、あらかじめ修正する。
ウ 取り扱うデータ量が増えてきたので、あらかじめディスクを容量の大きなものに変更する。
エ 要求仕様からプログラムの開発量を、あらかじめ予測する。

マネジメント系>開発技術>システム開発技術>システム開発技術

解説と解答

 ソフトウエア保守はソフトウエアの観点から行われる保守であり、現行ソフトウエアの変更や修正を行うことです。保守を行う目的によって、修正保守、予防保守、適合保守に分類されます。

・修正保守:ソフトウエアの不良やバグなどの不具合を修正するために行われる保守
・予防保守:ソフトウエアの障害の発生を未然に防止するために行われる保守
・適合保守:適用業務や運用形態の変更といった、システム環境の変化に対応するために行われる保守

 この問題では、選択肢の中からソフトウエアの変更や修正について記述しているものを選べばよいでしょう。これに該当するのは「障害を引き起こす可能のあるプログラムをあらかじめ修正する」ことを述べている選択肢イだけであり、これは予防保守に関する記述です。

 したがって正解は、選択肢イです。

 そのほかの選択肢に関する説明は、次のとおりです。

 選択肢アの「工程内に開発を終了させるために、あらかじめ開発要員を増員する」という対策は、ソフトウエアライフサイクルプロセス(SLCP)の開発プロセスにおいて検討される内容です。

 選択肢ウの「データ量の増加に伴い、あらかじめディスクを容量の大きなものに変更する」ことによって、ハードウエアの故障を未然に防ぐことができます。これは、ハードウエアの観点から行われるハードウエア保守に該当します。

 選択肢エの「要求仕様からプログラムの開発量を、あらかじめ予測する」ことは、ソフトウエアライフサイクルプロセス(SLCP)の開発プロセスで実施する作業です。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。