PR

問題

問29 現行システムの使用を開始してから10年が経過し、その間に業務内容も変化してきた。そこで、全面的に現行システムを開発し直すことになった。開発者が、システム要求の分析と、それに基づく要件定義を行う場合、開発者のシステム利用部門とのかかわり方として、適切なものはどれか。

ア 客観的に対象業務を分析するために、システム利用部門とかかわることは避ける。
イ システム要件は、システム利用部門と共同でレビューを行う。
ウ システム利用部門の意見は参考であり、システム要件は開発者が決定する。
エ システム利用部門の作成した現行システムの操作マニュアルを基に、要求される機能を決定する。

マネジメント系>開発技術>システム開発技術>システム開発技術

解説と解答

 ソフトウエアの開発プロセスには、要件定義、システム設計、プログラミング、テスト、ソフトウエア受入れという一連の作業の流れがあります。要件定義はソフトウエア開発で最初に行われる工程であり、システムやソフトウエアに要求される機能、性能、内容などを分析し、それに基づいてシステム要件定義やソフトウエア要件定義を行います。

 特にシステム要求の分析を行い、システム要件を定義する際には、開発者はシステム利用部門の意見や要望などを正確に把握し、システム要件に反映させることが重要になります。そのため、定義したシステム要件についてはシステム利用部門と共同でレビューを行い、システム利用部門の意見や要望が適切に反映されているかどうかを、開発者の視点だけではなく、システム利用部門の視点からも検証するようにします。

 したがって正解は、選択肢イです。

 そのほかの選択肢に関する説明は、次のとおりです。

 システム要件定義では、システム利用部門の意見や要望を把握する必要があるため、開発者はシステム利用部門と積極的にかかわるようにします。そのため選択肢アは誤りです。

 システム要件は、開発者とシステム利用部門が協力して決定します。そのため選択肢ウも誤りです。

 システム利用部門に対して意見や要望などのヒアリングや調査を行い、それに基づいてシステムに要求される機能を決定します。よって選択肢エも誤りです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。