PR

問題

問77 収容局から家庭までの加入者線が光ファイバケーブルであるものはどれか。

ア ADSL
イ FTTH
ウ HDSL
エ ISDN

テクノロジ系>技術要素>ネットワーク>ネットワーク応用

解説と解答

 光ファイバケーブルは、光の屈折率の異なるガラスやプラスチックを素材として利用し、光信号を伝達するケーブルです。銅線を使うツイストペアケーブルや同軸ケーブルに比べて、高速なデータ伝送が可能です。

 選択肢のうち、収容局から家庭までの加入者線、すなわちラストワンマイル(last 1 mile)に光ファイバケーブルを使用しているものはFTTH(Fiber To The Home)です。FTTHは、一般家庭などの加入者宅まで光ファイバケーブルを敷設し、すべてのアクセス回線を光化することによって、高速な通信環境を提供する通信サービスです。

 したがって、正解は選択肢イです。

 そのほかの選択肢の用語についても確認しましょう。

 選択肢アのADSL(Asymmetric Digital Service Line)は、既存のアナログ電話回線(ツイストペアケーブル)を利用して高速なデータ伝送を行う技術や通信サービスです。ADSLでは、データをアップロード(送信)するときに使う上り方向と、データをダウンロード(受信)するときに使用する下り方向の伝送速度が異なる点に特徴があります。

 選択肢ウのHDSL(High-bit-rate Digital Subscriber Line)は、ADSLと同様に、既存のアナログ電話回線を利用して高速なデータ伝送を行う技術や通信サービスです。ADSLと異なる点は、HDSLはアップロードとダウンロードの伝送速度が同じところです。

 選択肢エのISDN(Integrated Service Digital Network)は、電話、ファクシミリ、データ通信などの多様な通信サービスを1本の回線に統合したディジタル通信網です。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。