PR

問題

問68 アプレットに関する記述として、適切なものはどれか。

ア WebブラウザがWebサイトにアクセスしたときにWebサイトから送信され、利用者のPCに保存される文書ファイルである。
イ Webページを作成するための言語である。
ウ サーバからダウンロードされ、クライアントであるWebブラウザに組み込まれて実行されるプログラムのことである。
エ データベースを操作して、データの追加や変更、削除、検索などの処理を行うための言語である。

テクノロジ系>基礎理論>アルゴリズムとプログラミング>プログラミング・プログラム構造

解説と解答

 アプレット(applet)とは、Webブラウザ上で動作する小規模なプログラムです。クライアントであるWebブラウザからの要求によってWebサーバーからダウンロードされ、Webブラウザに組み込まれて実行されます。一般にアプレットはJava言語で記述されることが多く、この場合、特にJavaアプレットと呼ばれます。

 したがって、正解は選択肢ウです。

 そのほかの選択肢に関する説明は、次のとおりです。

 選択肢アの「WebブラウザがWebサイトにアクセスしたときにWebサイトから送信され、利用者のPC(のハードディスク)に保存される文書ファイル(テキストファイル)」のことをクッキー(Cookie)と言います。クッキーはWebサイトにアクセスする利用者を識別するための仕組みであり、利用者IDやメールアドレスなどの情報が保存されています。

 選択肢イの「Webページを作成するための(マークアップ)言語」は、HTML(Hypertext Markup Language)です。

 選択肢エの「データベースを操作して、データの追加や変更、削除、検索などの処理を行うための言語」を総称して、DML(Data Manipulation Language、データ操作言語)と言います。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。