PR

問題

問80 マルチメディアを扱うオーサリングソフトの説明として、適切なものはどれか。

ア 文字や図形、静止画像、動画像、音声など複数の素材を組み合わせて編集し、コンテンツを作成する。
イ 文字や図形、静止画像、動画像、音声などの情報検索をネットワークで簡単に行う。
ウ 文字や図形、静止画像、動画像、音声などのファイルの種類や機能を示すために小さな図柄で画面に表示する。
エ 文字や図形、静止画像、動画像、音声などを公開するときに著作権の登録をする。

テクノロジ系>コンピュータシステム>ソフトウェア>開発ツール

解説と解答

 マルチメディア(multimedia)とは、文字情報に加えて、動画、静止画、音声、音楽などの多様な情報を組み合わせ、コンピュータ上で統合的に取り扱うことです。マルチメディアを利用した環境では、コンピュータと人間との間でより自然な双方向の対話が実現できます。

 オーサリングソフトとは、文字や図形、静止画像、動画像、音声などの複数のマルチメディア情報を素材として組み合わせ、マルチメディアコンテンツを作成するソフトウエアです。オーサリングソフトには、GUIによるマルチメディア情報の編集機能や、コンテンツの処理の流れを視覚的に編集できる機能などが備わっています。

 したがって正解は、選択肢アです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。