PR

中問A

 販売管理業務に関する次の記述を読んで、問89~92に答えよ。

 S社の販売管理業務は、受注処理、出荷処理及び請求処理で構成されており、業務効率の向上を目的として販売管理システムを利用している。
 販売管理業務の概要と販売管理システムの概要は、次のとおりである。

〔販売管理業務の概要〕
(1)受注処理では、営業担当者が顧客から注文依頼を受けると、受注データを販売管理システムに登録する。注文には、通常注文と優先注文の二つの種別がある。
(2)出荷処理では、受注データを基に在庫引当を行う。通常注文は在庫数の70% まで引当可能であり、優先注文は在庫数まで引当可能である。在庫引当ができた分は、倉庫担当者が納品書を作成して出荷作業を行う。在庫引当ができなかった分は、次の入荷を待ってから出荷する。
(3)請求処理では、毎月20日を請求締め日として、その翌日に経理担当者が出荷済データから顧客ごとに請求書を作成して送付する。

〔販売管理システムの概要〕
販売管理システムでは、受注処理、出荷処理、請求処理の結果が、それぞれ、受注管理ファイル、出荷管理ファイル、請求管理ファイルに登録される。

問題

問89 S社の販売管理業務をDFDで表すとき、次の図のa、bに入る適切な字句の組合せはどれか。

ア a:営業担当者、b:受注処理
イ a:出荷管理ファイル、b:倉庫担当者
ウ a:受注管理ファイル、b:出荷処理
エ a:受注処理、b:受注管理ファイル

ストラテジ系>システム戦略>システム戦略>業務プロセス

解説と解答

 DFD(Data Flow Diagram、データフローダイアグラム)は、業務をいくつかの機能単位に分割し、その機能間のデータの流れを表現するダイアグラム(矢線図)です。DFDでは、データフロー、プロセス(処理)、ファイル(データストア)、データ源泉とデータ吸収(外部)の四つの基本要素を表す記号を用いて、業務におけるデータの流れを視覚的に分かりやすく表現します。

 以上を前提に、問題を解いてみましょう。

 S社の販売管理業務は、受注処理、出荷処理、請求処理で構成されているので、DFD中の三つのプロセス(処理)にはこれらのいずれかが入ります。また、販売管理システムでは、受注処理、出荷処理、請求処理の結果が、それぞれ、受注管理ファイル、出荷管理ファイル、請求管理ファイルに登録されるので、DFD中の三つのファイルにはこれらのいずれかが入ります。

 受注処理では、顧客から注文依頼を受けると、注文データを販売管理システムに登録します。従って、顧客からの注文依頼を受け取る最も左側のプロセスは「受注処理」であり、受注処理プロセスで処理した受注データが書き込まれる空欄aのファイルは「受注管理ファイル」です。

 出荷処理では、受注データを基に在庫引き当てを行い、在庫引き当てができた分については納品書を作成して出荷作業を行います。したがって、受注管理ファイルの受注データを読み込む空欄bのプロセスは「出荷処理」であり、出荷処理プロセスで処理した出荷済データが書き込まれる右下のファイルは「出荷管理ファイル」です。

 この段階で、空欄aのファイルは受注管理ファイル、空欄bのプロセスは出荷処理であることが分かります。

 残りの空欄についても検討してみましょう。

 請求処理では、出荷済データから顧客ごとに請求書を作成して送付します。したがって、出荷処理ファイルの出荷済データを読み込む最も右側のプロセスは「請求処理」であり、請求処理プロセスで作成した請求済みデータが書き込まれる右上のファイルは「請求管理ファイル」です。

 すべての空欄を補充した完成後のDFDは、次のようになります。

 従って正解は、選択肢ウです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て、1998年より現職。保持する資格は、プロジェクトマネージャ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(情報セキュリティ)、基本情報技術者など多数。著書に「3週間完全マスター ITパスポート 2010年版」などがある。