PR

 1994年のこと、スペースシャトルの中で、4匹のメダカが産卵をしたそうである。この話を聞いたとき、思い出したことがある。人間が人間たるゆえんは地球という惑星の風土がもたらすものだから、火星や月に移住すれば、どんなに環境を整えても人間らしさは失われるという意見である。こう述べたのは、ルネ・デュボスというフランス生まれの細菌学者であり思想家でもある人物。実に多くの著作があり、邦訳されているだけでも20冊近いが、これは『内なる神』という著書の中の言葉である。デュボスの言うところに従えば、火星人とはタコの化け物のような存在ではなく、火星で生まれた人間のことであり、金星人とは金星で生まれた人間のことであるということになる。いみじくも、無重力の中で生まれたメダカは、「宇宙メダカ」と名付けられているのだが。

 地球人の定義は、地球という「場」が与えていることになるが、惑星地球に住むという条件の先に、今度は地域性が見られるようになる。土地に内在する力が影響力を与え、その地に住む人間の生活を規定する。こうしたデュボスの思想は、ある意味で、急進的に発達してきた環境思想に水をかけるものとなる。急進性を増した環境思想は、人間のいない自然を一種の理想とみなし、徐々に反人間的な側面を強めていたからである。人間と連動した自然というものは想定外となる。最近ではさらに、自然は、実は本当の意味での「自然」ではないということが、科学的にも分かってきた。我々が「自然」と考えている自然は、人間の社会と連動していたのである。なにしろ、完全に人跡未踏の森林はないとまで言われ出したのだ。アマゾンの奥地に、一定間隔で食べられる実のなる木があるのは、先住民族が、その実を埋めていった結果であるという。人間が入り込めば、なんらかの形で痕跡が残る。つまり、アマゾン奥地でさえも、一種の人工林であるとみなせるのである。

 もっとも、社会が自然を加工して現在の姿になったのと、自然の影響で社会が規定されたのと、どちらが先なのかは、「鶏が先か、卵が先か」の論争に似て、結論が出てこない。フランスの社会派エコロジストのセルジュ・モスコヴィッシなどは、自然が社会によって規定されているとして論を展開しているのだが、人類の歴史を600万年とみなしても、文字通り、自然の中で生きてきた人間たちが、いかに社会を築き上げたかという想像を絶するドラマなのである。自然と社会の相互の連関が、今日に至るまで連綿として続いたのだろう。

 デュボスの考えでは、自然が先である。というか、場所の特性、場所の精神に注目している。「景観、あるいはそこに住む人々の独自性は、その場所の持つ一群の属性によって決定されている」、そして「ひとつひとつの場所は、その場所独自の精神を持っていて、その精神が発達するにつれて、その場所の物理的外観や、そこに住む人びとの思潮を形づくっている」とされる。その土地に潜む力が、人間社会に影響を与え、家屋・公園・工場・ビルなどの人造物の建設にさえ土地固有の存在になっているというのだ。この力は、何かを造り上げる差異の精神性と言ってもいいだろう。自然的・文化的な諸影響力は、技術的・政治的命題を克服するほど強力である。デュボスによれば自然とは「地理的、社会的、あるいは人間的な現象ばかりではなく、わけても、実在の表面下にかくれたすべての『力』」なのである。自然と社会は、相関関係にある。だから私たちにとって変化していないようにみえる景観は、実は人工の結果なのである。何も人工の自然だから悪いわけではない。しかし、こうした人工の景観は、場所の精神が生み出した人間精神によるものなのであり、大元にはその地の自然があるから、結局は自然が造り上げたものでもある。

 この事実は、反面で先住民族=エコロジーへの盲信を戒めるものでもある。エコロジカルな民族との評価を得ているアボリジニもオーストラリアの生態系に影響を与えているし、北米大陸の草原は、先住民族が焼き払った結果だという。ほかにも「自然を尊敬するという中国人の態度は、実は古代に自然に対して加えられた損害への反動として起こったのであろう」と指摘され、日本庭園も自然の直接的な表現というよりも景色に対する知的態度を象徴的に演出したものだという。

 これを拡大して考えると、自然が好きだから自然を守るわけではないと言えるかもしれない。締め縄のはられた大木への崇敬にもかかわらず、日本で工業化と自然破壊が進んでしまったことはオーストラリアの哲学者パスモアなども指摘するところだ。自然を開発によって破壊する土木業者の社長が、自宅の庭園だけは立派にしているのを見ると、システム的な問題を感じざるを得ない。ただ、日本社会について一言弁護しておけば、日本の仏教と神道(=アニミズム)は農業と結びついたものであり、明治維新による近代国家推進と戦後のアメリカ型高度成長によってシステムの大半が形骸化してしまった側面もあるが。

 それでも、日本社会には自然の伝統が息づいている。一見すると自然ではないものが、自然がはぐくんだ存在であることは、自然の先に文化が生じたことから類推できる。地域の自然と連動して文化ははぐくまれ、その場所においては連続性を持つ。地域の独自性や社会の連続性の持つ影響力の例として、日本のトヨタ自動車が交通事故犠牲者の冥福を祈って仏像を安置した社を建立したことを挙げている。これは欧米では見られない現象である。自然的・文化的な力は、遺伝にも作用する。遺伝と環境の相互作用は、性習慣にまで影響を与え、ゲーリー・スナイダーによれば、「中国や日本のエロティシズムは、錦のとばりの奥に潜む陰影に満ちたものであるのにたいし、ギリシァのそれは、さんさんと降りそそぐ太陽の下での一糸まとわぬ姿であり、インドのエロティシズムは、腰や胸、複雑な模様を凝らした石の床の上を軽妙に歩く手足である」とされているのだ。