PR
米グーグルのエリック・シュミットCEOの講演風景
米グーグルのエリック・シュミットCEOの講演風景
[画像のクリックで拡大表示]

 スペインのバルセロナで2010年2月15日から18日まで4日間にわたり、世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress(MWC)2010」が開催された。

 マイクロソフトが「Windows Phone 7」を発表し、27社の通信事業者および携帯電話機メーカーが、世界規模で共通のアプリ配信基盤を構築する「Wholesale Applications Community」を結成。15ドルの激安携帯電話やクレジット・カードより小さいAndroidスマートフォンなど多数の新機種が登場した。

 「モバイルはデスクトップに優先する」と宣言したグーグルのエリック・シュミットCEOをはじめとして、エリクソンの新CEO、ノキアシーメンスCEO、イスラエルの通信相やヨルダン王妃など、多くの要人が集まった。初めてMWCで講演したKDDIの小野寺正会長兼社長は、Androidを主流にスマートフォンを積極的に推進すると表明した。

新プラットフォームとアライアンス

米マイクロソフトが「Windows Phone 7」を発表、製品発売は年末

世界のモバイル事業者、携帯向けアプリ配信の共通化で協力

Adobeがモバイル版「AIR」を発表、「Flash Player 10.1」ベンダー提供開始

クアルコムが「Twitter on MediaFLO」をデモ

GLOBALFOUNDRIESとARM、28nm版モバイルSoCを2010年後半に量産へ

Verizon、3Gネットワークを介したSkypeの利用を可能に

GLOBALFOUNDRIESとARM、28nm版モバイルSoCを2010年後半に量産へ

ソフト開発者向けの新しい試み「App Planet」

新機種が続々発表

英ボーダフォンの激安ケータイ、価格はたったの15ドル

「クレジットカードより小さい」Android携帯「Xperia X10 mini」とキーボード付き「mini pro」発表

廉価版スマートフォンに力を入れるファーウェイ,Android 2.1搭載機も投入

オープンソース・ハードウエア「BUG」、新バージョンでAndroidをサポート

中国ZTE、Androidより低価格帯を狙うスマートフォン

モバイル業界の首脳が講演、要人が集結

「モバイルはデスクトップに優先する」、グーグルCEOが新ルールを披露

“GSMデビュー”KDDI小野寺社長「スマートフォンを消費者に、主役はAndroid」

エリクソン新CEOが会見、「2020年には500億台がネットにつながる」

「スマートフォンは氷山の一角」、ノキアシーメンスCEOが端末の急成長語る

イスラエル通信相、「世界で活躍するベンチャー支援で雇用を創出」

サプライズ・ゲストはヨルダン王妃、「1GOAL」プロジェクトを紹介