PR

 SEやプロジェクトマネジャー、システムの企画担当者や営業担当者といった“システム屋”の常識や常態をばっさりと切り捨てた一冊。筆者自身もITベンダーとユーザー企業で30年働いたシステム屋である。

 システム屋はなぜ経営層の話を理解しないのか、なぜ人月単価は高止まりし続けるのかなど、内情を知るからこそ明らかにできる逸話が豊富だ。最終章は、ダメなシステム屋を避け、ユーザー企業を成長させられるシステム屋と出会う方法を説く。

ダメな“システム屋”にだまされるな!

ダメな“システム屋”にだまされるな!
佐藤 治夫著
日経情報ストラテジー(多田 和市/清嶋 直樹)編集
日経BP社発行
1680円(税込)