PR
アニコムホールディングスのCIOに相当する江口耕三取締役兼執行役員
アニコムホールディングスのCIOに相当する江口耕三取締役兼執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 ペット保険専門の保険会社であるアニコム損害保険を傘下に持つアニコムホールディングスは、2010年に飛躍の年を迎えた。3月3日に東証マザーズ市場に上場を果たしたのだ。ペット保険専業者の上場は初めてのことである。

 同社が目指すのは、人間の健康保険制度と同じように、「ペットの健康保険制度」というべき仕組みを社会に広く認知・普及させることだ。そのための枠組み作りにこれまで奔走してきた(関連記事 『人と同じな動物向け「健康保険」、世界初の病院窓口精算で離陸』)。

 ペット保険を軌道に乗せるには、自社の努力だけでは足りない。動物病院やペットショップと連携できる情報基盤が欠かせなかった。アニコムホールディングスのCIO(最高情報責任者)に相当する江口耕三取締役兼執行役員は、「ペット業界が受け入れてくれるような利便性の高い仕組みの実現が、ペット保険を普及させる鍵を握っている」という。動物病院やペットショップにとって使い勝手のいい仕組みを提供することは、ペットを飼う人たちへのサービス向上にも直結する。

 そこで江口取締役をはじめとするアニコムホールディングスの社員は、動物病院やペットショップを精力的に回りながら、支援システムを次々と開発している。例えば診療費をアニコムに手軽に請求できるよう、動物病院向けの「カルテ管理システム」を開発した。

 また、ペット保険の販売代理店になるペットショップが、保険料の管理業務を省力化できるよう、ペーパーレスの「保険募集システム」を開発した。契約者(飼い主)の支払いはクレジットカードかキャッシュカードで済ましてもらえるようにして、現金レス化も実現している。

 このように江口取締役らが生み出すシステムは、前例の無い業界初の開発案件がほとんどだ。江口取締役は「新しい事業を支えるこれらのシステムはすべて自社開発だ」と明かす。システム開発力こそがアニコムの強みである。

Profile of CIO
◆経営トップとのコミュニケーションで大事にしていること
・事実と経緯、メリットとデメリットをバランスよく丁寧に伝え、経営の判断や指示がブレないように心がけています。あとは、良いことでも悪いことでも、明るく元気よくコミュニケーションすることです

◆ITベンダーに対して強く要望したいこと、IT業界への不満など
・当社グループはペット保険という前例の無いビジネスを展開しています。そのため、システムの設計から開発、メンテナンスに至るまで、基本的には社内だけでシステム関連業務を回しています。外部に委託しますと、俊敏なビジネス展開にシステム開発が追いつかなかったり、システムの中身がブラックボックス化したりするリスクが考えられるからです。今後はベンダーに開発をお願いすることも想定されますが、事業展開のスピードを鈍らせることなく、むしろ加速させるような開発をご提案いただきたいと思います

◆普段読んでいる新聞・雑誌
・日本経済新聞
・日経情報ストラテジー
・広報会議
・ハーバード・ビジネス・レビュー
・Pen(阪急コミュニケーションズ)

◆最近読んだお薦めの本
・『奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』(石川拓治著、幻冬舎)
・『日本でいちばん大切にしたい会社』(坂本光司著、あさ出版)
・『「日本の経営」を創る』(三枝匡、伊丹敬之 共著、日本経済新聞出版社)
・『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』(福岡伸一著、木楽舎)
・『のぼうの城』(和田竜著、小学館)

◆仕事に役立つお薦めのインターネットサイト
ITpro
インド新聞

◆情報収集のために参加している勉強会やセミナー、学会など
・東京の六本木ヒルズにある「academyhills(アカデミーヒルズ)」が主催する講座やセミナーに頻繁に参加しています
・土曜日は東京理科大学のMOTゼミ(技術経営専攻)に参加するようにしています

◆ストレス解消法
・ぼけっとしながら料理を作ること
・話しかけながら観葉植物の葉っぱをふくこと
・歌いながら半身浴をすること