PR

 東京・新宿にある旧KDD本社ビル(現KDDIビル)。その入り口の脇に、デンマークの童話作家であるアンデルセンのモニュメントがあるのをご存じだろうか。これは、1871年に長崎とウラジオストクを結ぶ日本初の海底電信線をデンマークのグレート・ノーザン電信会社が敷設したことを記念して、1974年の同ビル竣工時に設置したものだという。
[2010年11月29日]


 2010年はLTEの商用化など、モバイル関連では歴史に残る年になるが、実は、日本で初めて携帯電話機が一般ユーザーの手に触れてから、ちょうど40年というタイミングでもある。そのときの端末「ワイヤレステレホン」は現在、「NTT技術史料館」に展示されている。
[2010年10月29日]


 トヨタ自動車の奥田碩相談役、ウシオ電機の牛尾治朗代表取締役会長、京セラの創業者で現日本航空会長の稲盛和夫氏---。今から10年前の2000年4月5日、DDI(第二電電)とKDD(国際電信電話)、IDO(日本移動通信)の3社共同記者会見には、そうそうたるメンバーがずらりと並んだ。
[2010年09月28日]


 この酷暑の中で絶対漕ぐのをやめたほうがいい自転車がある。米グーグルがGoogleストリートビュー用に開発した「Google Trike」だ。重さはおよそ115kg。これを漕ぐためには、相当な筋力と体力を必要とする。
[2010年08月30日]


 農作業姿でパソコンを操作する人の向こうには牛――。一風変わった光景だが、いまやネットはこんなところにも広がっている。実はここは、あるITベンダーが新規事業用に買い取った岩手県の牧場。農場や家畜の管理に、そして消費者への情報発信にと、ICTをフル活用しようとしている。
[2010年07月28日]


 2010年5月1日から始まった上海万博の入り口ゲートに気になる表示を発見。実は上海万博は日本のおサイフケータイのように携帯電話で入場できる。しかも中国は、ICカード搭載の携帯を新たに作らなかった。なんと入れ替え可能なSIMカードにICカード機能を内蔵したのだ。
[2010年06月28日]


 学問の神様や縁結びの神様など、日本国内にはさまざまな神様をまつった神社がある。では電気通信の神様をご存じだろうか?「電電宮」という神社が京都・嵐山にある。ここには、“電気・電波の神様”がまつられているのだ。
[2010年05月28日]


 1890年(明治23年)12月16日、東京と横浜で電話が開通した。日本の電話サービスの幕開けである。当時、横浜電話交換局が置かれた場所には、今も「電話交換創始之地」と書かれた記念碑が置かれている。
[2010年04月27日]