PR

4つの方策で臨む企業ネットのIPv6化

IPv4アドレス枯渇の影響を受けにくい企業ネットワークは,IPv6対応を後回しにできる環境である。確かに社内のIPv6対応はすぐには必要ないが,公開サーバーやリモート・アクセスなど,IPv6対応を迫られているところもある。今企業がIPv6対応をするうえで考慮すべきポイントを最新のサービスや製品に照らして解説する。