PR

 個人ユーザー向けのIPv6インターネット接続サービスがいよいよ本格的な離陸の時期を迎えている(図1)。この動きは企業ネットワークとも無縁ではない。社員が企業の社内ネットワークに接続するためのリモート・アクセスの基盤がIPv6化することを意味するからだ。今後,在宅勤務といったワーク・スタイルの多様化で,ますますリモート・アクセスの利用は増えていくだろう。そうした状況を考えると,リモート・アクセスのIPv6対応は避けて通れない重要なテーマである。

図1●個人向けIPv6インターネット接続のスケジュールと企業のIPv6対応への影響<br>NECビッグローブが提出したISPにおける移行工程に関する資料などを参考に,本誌が推定した。なお,同社の資料は,同社自身の計画を示しているわけではなく,一般的な導入シナリオの例を示したものである。
図1●個人向けIPv6インターネット接続のスケジュールと企業のIPv6対応への影響
NECビッグローブが提出したISPにおける移行工程に関する資料などを参考に,本誌が推定した。なお,同社の資料は,同社自身の計画を示しているわけではなく,一般的な導入シナリオの例を示したものである。
[画像のクリックで拡大表示]

VPN装置はIPv6だけの環境で使えない

 現在一般的に使われるリモート・アクセスは,企業の拠点に専用のVPN装置を設け,様々なトンネリング・プロトコルを使ってクライアント端末を接続するというもの。主なプロトコルとして,PPTP,IPsecSSLなどがある。

 こうしたVPN装置によるIPv6でのリモート・アクセスには,現在,大きな課題がある。IPv6対応をうたっているVPN製品は,IPv4トンネリングを使ってIPv4インターネットを経由する方式に対応している(図2のa)ものの,IPv6インターネットで直接VPNを張る方式に対応していないのである(図2のb)。2011年後半には(b)の形態で利用できるVPN装置が必要となってくる。今後のVPN装置の開発状況を注視していかなければならない。

図2●IPv6対応リモート・アクセスには2タイプがある<br>リモート・アクセス用のVPN装置が「IPv6対応」をうたっている場合でも,暗号化トンネルをIPv6で構築できるbタイプの製品はまだ登場していない。
図2●IPv6対応リモート・アクセスには2タイプがある
リモート・アクセス用のVPN装置が「IPv6対応」をうたっている場合でも,暗号化トンネルをIPv6で構築できるbタイプの製品はまだ登場していない。
[画像のクリックで拡大表示]