PR

ホームアプリ

 IS01のホームアプリには、アプリケーション開発者が考慮すべきいくつかの特徴があるようだ。ただし、ここで述べる内容は私が端末を評価した4月末時点のものであり、正式に販売される端末では、これらと同じ振る舞いをしなかったり、いくつかの問題が解消されている可能性があるだろう。

 まず、ライブフォルダの配置ができないように思われる。ライブフォルダで何らかの機能を提供しているアプリケーションは、IS01ではその機能を利用することができない。ただし、ショートカットやAppWidgetは配置することができる。以下は、標準で搭載されているmixiやtwitterのWidgetを、間隔を置かずに配置したホーム画面の状態である。

画面7●標準のWidgetを配置
[画像のクリックで拡大表示]

 このことから、ホームアプリの縦の最大セル数は3であるように思われる。しかし、標準ではないアプリケーションのAppWidgetを配置すると、現状では多くのケースで何らかの問題を生じる。

 まず、Widgetによっては、Widgetに定義しているサイズ(AppWidget Providerに定義している横幅や高さ)が適用されず、ホーム画面の2セルに広がってしまうことがある。

画面8●広がってしまうケース
[画像のクリックで拡大表示]

 twiccaなどのようにWidgetのレイアウト定義の仕方によって、うまく表示されるものもある。ただしこのケースでも2セル分消費していることになっているため、周囲に余白があるように見えても、他のWidgetやアイコンを置くことができない。

画面9●表示は問題ないが2セル利用してしまうケース
[画像のクリックで拡大表示]

 現象を確認できたのみで、アプリケーション側での対処方法を見つけるまでには至らなかった。今までの他の端末でうまく表示・配置できていたWidgetがIS01では置けない点があることを念頭に置いておき、対処法が判明したらIS01向けの修正をした方がよいかもしれない。

◎関連リンク
シャープAndroid携帯端末開発者向けサイト「SH Developers Square」

えがわ たかし
Android Developers' Club(デ部)部長
Simejiのadamrockerさんと共にAndroid Developers’ Club(デ部)というコミュニティの部長をしている。Androidをネタにみんなで楽しくワイワイできれば、それが幸せ。twitterアカウントは @t_egg日本Androidの会 運営委員、Google API Expert(Android)。