PR

 TSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブの創業者が、自身の経験を交えながら「企画とは何か」という心構えを明かす。企画の方法論や進め方といった実務情報は記されていない。だが、TSUTAYAのビジネスモデルを通して著者が語る「企画を規格化する」「情報は伝える努力が大切」といった言葉は、ビジネスに限らず情報システムの企画に携わる人の心に刺さるはずだ。読んで理解するのではなく、心で感じてほしい本である。

はじめて語られる企画の「虎の巻」

はじめて語られる企画の「虎の巻」
増田 宗昭著
毎日新聞社発行
1000円(税込)