PR

 「リーダーはハンター(狩人)になって、組織に危機をもたらす問題を積極的に探せ。自分のところまで(問題が)やってくるのを待っていては駄目だ」。リーダーシップ研究の第一人者の著者はこう主張する。実現のためにリーダーが身につけるべきスキルは7つあるという。

 情報のフィルターを避ける、人類学者のように観察、パターンを探して見分ける、バラバラの点を線でつなぐ、価値ある失敗を奨励、話し方と聴き方を訓練、行動を振り返って反省のプロになる──。本書は7つを順を追って解説する。著者は有言実行とばかりに150人以上の経営者や多方面で活躍するリーダーを丹念に観察し、7つのスキルを導き出した。

なぜ危機に気づけなかったのか

なぜ危機に気づけなかったのか
マイケル・A・ロベルト著
飯田 恒夫訳
英治出版発行
1995円(税込)