PR

「Google TV」のコンセプト画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間5月19日~20日、サンフランシスコで開催した開発者向けイベント「Google I/O 2010」で、「Google TV」「Android 2.2」「Google App Engine for Business」など、同社の新たな取り組みを多数発表した。

 今回の「Google I/O」で最大の話題は、テレビとWebを融合した「Google TV」だろう。今秋、ソニーがAndroid OSとChromeを組み込んだテレビ「Sony Internet TV」を米国で発売する。最新の「Android 2.2」と併せ、インターネットの利用シーンを一気に広げようとしている。

 エンタープライズ分野では、99.9%の可用性を保証する企業向けアプリケーションホスティングサービス「Google App Engine for Business」が目玉である。今年後半にはSQLデータベースやSSLなどの機能を追加するという。先行する「Amazon EC2」などに対し、Googleがどれだけ巻き返せるか注目される。


テレビとWebを融合する「Google TV」を発表、ソニーやIntelと提携

最新の「Android 2.2」発表、Flash再生や無線LANホットスポット化が可能

企業向けにApp Engineを強化、99.9%の可用性を保証

グーグル、クラウドベースの開発者向けストレージシステムを発表

コンテンツ集約サービス「Google Wave」を一般公開

グーグル、ウェブアプリストア「Chrome Web Store」を披露

「われわれは失敗を犯した」--グーグル、Wi-Fi通信情報の誤収集に言及