PR

 バッファローが2010年5月25日に発表した「ポータブルWi-Fi」(型番はDWR-PG)は、NTTドコモの定額制のデータ通信サービスに対応した無線LANルーター。イー・モバイルの「Pocket WiFi」や日本通信の「b-mobile WiFi」と同じタイプの製品である。本体価格は3万7000円、出荷は6月下旬。

 本製品を利用することで、パソコン、タブレット型コンピューター「iPad」、携帯電話機「iPhone」、ゲーム機「ニンテンドーDS」といった無線LAN機器を、外出先でもインターネットに接続できる。日経パソコンでは開発中の試作機を入手、試用した結果を最速でレビューする。

 外観は黒色の箱形。丸みを帯びているPocket WiFiやb-mobile WiFiと比べると無骨な印象を受ける。大きさも少々上回り、重さは約105gで、25g重い。ただ、使用中に本体を操作する必要はほとんどないので、カバンやポケットに入れっぱなしで使うならあまり気にならないだろう。通信状態やバッテリー残量などは、右脇にあるLEDで表示する。LEDはやや暗めだが、使用時に困ることはなかった。バッテリー駆動時間を延ばすための工夫なのだろう。

試作機の外観(製品版で変わる可能性はある)。大きさは、幅95×奥行き17.4mm×高さ64.4、重さは約105g。連続使用時で6時間、待ち受け状態で30時間のバッテリー駆動が可能だという。同時に接続できる無線LAN機器は最大6台
試作機の外観(製品版で変わる可能性はある)。大きさは、幅95×奥行き17.4mm×高さ64.4、重さは約105g。連続使用時で6時間、待ち受け状態で30時間のバッテリー駆動が可能だという。同時に接続できる無線LAN機器は最大6台
[画像のクリックで拡大表示]
本体下部にある端子。左側はクレードルとのドッキングに用いる端子で、右側はパソコンと接続したり充電用のACアダプターを装着したりするためのMini-USB端子
本体下部にある端子。左側はクレードルとのドッキングに用いる端子で、右側はパソコンと接続したり充電用のACアダプターを装着したりするためのMini-USB端子
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモが5月18日に発表した、新しい定額制のデータ通信サービス「定額データプランスタンダードバリュー」に対応する。NTTドコモは、通常月額5985円のところ、9月30日までに契約すれば1年間は4410円に割り引くキャンペーンを実施している。なお、NTTドコモ以外のSIMカードは認識しない
NTTドコモが5月18日に発表した、新しい定額制のデータ通信サービス「定額データプランスタンダードバリュー」に対応する。NTTドコモは、通常月額5985円のところ、9月30日までに契約すれば1年間は4410円に割り引くキャンペーンを実施している。なお、NTTドコモ以外のSIMカードは認識しない
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い