PR
Windows Embedded Compact 7を採用した「Eee Pad EP101TC」
Windows Embedded Compact 7を採用した「Eee Pad EP101TC」
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾・台北市で開催されているIT関連展示会「COMPUTEX TAIPEI 2010」をはじめ、国内外でタブレットPC新製品が相次ぎ登場した。また、米Intelは2011年の早い時期にAtomプロセッサベースのタブレットPC/薄型ネットブック向け新型システムオンチップ「Oak Trail」(開発コード名)を投入する計画を発表した。

 注目されるのは、台湾ASUSTeK Computerが発表したスレートPC「Eee Pad」とタブレットPC「Eee Tablet」。このうち12型液晶パネルを採用した「Eee Pad EP121」は、低電圧Core 2 DuoプロセッサとWindows 7 Home Premiumを搭載。スタンドやアダプタの併用で、パッド、デスクトップ、クラムシェルの3種類のスタイルで利用できる。

 こうした動きを受け、米Googleも「Chrome OS」を搭載したネットブックなどの端末が2010年の晩秋に登場する見通しであることを明らかにした。

COMPUTEX関連ニュース

iPad人気でスレートPCがブームのCOMPUTEX

Intel、新型「Atom」やタブレット向けチップなどを発表

Intel、COMPUTEXの基調講演で次世代Atomなどを披露

ASUS、Eee Pad、Eee Tabletを発表

COMPUTEXのASUSブース、Eee TabletやEee Padが人気

Google、Chrome OSを「晩秋」リリースへ--プロジェクト幹部がCOMPUTEXで言及

その他ニュース

2画面を持つ学生向けタブレット型端末が登場

パナソニック、Let'snoteにタブレットPCの新ブランドを投入

Amazon、「Kindle」の次世代版を今夏にもリリースか、米メディアが報じる

OLPC、教育向けタブレットPC開発でMarvellの参照デザインを採用

Novell、ネットブック用Linux「SUSE MeeGo」を発表

Lenovo、スマートブック「Skylight」のプラットフォームをAndroidに変更か

MicrosoftにはWindowsタブレットが必要 -- Forrester調査

新たなタブレット「Kno」が登場--14インチデュアルスクリーンを搭載