PR

 Winodws 7が備えるバックアップ機能は多彩だ。主なものだけでも「バックアップと復元」、「システムの復元」、「シャドウコピー」などがある。それぞれでバックアップする内容が違えば、復元の手順も異なる。

 ただし、どれも基本的にはWindows Vistaから継承したものである。設定画面や操作方法こそ違うものの、機能自体は同じものだ。今回は、これらバックアップ機能の中から、ファイルやフォルダーのバックアップを中心に、その設定と復元の手順を紹介する。

バックアップの設定を起動する

 Windows 7でファイルやフォルダーをバックアップするには、最初にコントロールパネルの「バックアップと復元」から「バックアップの設定」を実行する。

 実は、これと同じものを、前回の「アクションセンターでPCを正常に保つ」でも紹介している。アクションセンターの場合は、バックアップに関するメッセージを有効にすると[バックアップの設定]ボタンがアクションセンターに現れ、このボタンをクリックすることで「バックアップの設定」を起動していた。

 ここではコントロールパネルから起動して、バックアップを完了させるまでの手順を解説する。まず、スタートメニューから「コントロールパネル」をクリックしてコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」にある「バックアップの作成」をクリックする。すると「バックアップと復元」の画面に切り替わる(図1)。まだバックアップの設定が終わっていなければ、画面には「バックアップの設定」というリンクが表示されているはずなので、これをクリックする。

図1●「バックアップの設定」を起動するにはコントロールパネルの「システムとセキュリティ」にある「バックアップの作成」をクリックする<br>すると「バックアップと復元」画面に切り替わる。まだバックアップの設定が終了していなければ、「バックアップの設定」というリンクがあるので、これをクリックする。
図1●「バックアップの設定」を起動するにはコントロールパネルの「システムとセキュリティ」にある「バックアップの作成」をクリックする
すると「バックアップと復元」画面に切り替わる。まだバックアップの設定が終了していなければ、「バックアップの設定」というリンクがあるので、これをクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 すると、「バックアップの設定」ダイアログが開き、バックアップ先として有効なドライブが表示される(図2)。

図2●バックアップを保存する場所を選択する<br>「バックアップの設定」ダイアログでは、最初にバックアップ先を決める。Professional以上のエディションなら、[ネットワークに保存]ボタンがあるので、ネットワーク上のフォルダをバックアップ先に追加して選ぶことも可能だ。
図2●バックアップを保存する場所を選択する
「バックアップの設定」ダイアログでは、最初にバックアップ先を決める。Professional以上のエディションなら、[ネットワークに保存]ボタンがあるので、ネットワーク上のフォルダをバックアップ先に追加して選ぶことも可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 このとき、Professionalエディション以上のWindows 7なら同じ画面に[ネットワークに保存]というボタンも表示される。このボタンをクリックすると、ネットワークパスとユーザー名、パスワードを入力する画面に切り替わり、ネットワーク上の共有フォルダをバックアップ先に指定できる。