PR
[画像のクリックで拡大表示]

 EIGRPの設定に関する設問だ。EIGRPの設定はOSPFと似ているが、一部異なる部分がある。そこを重点的に押さえておこう。

 設定コマンドに「router」と「network」を使うのはOSPFと同じ。ただ、コマンドの後に指定する値が異なっている(図1の上)。routerコマンドでは、「eigrp」と入力し、その後にAS番号を指定する。このときAS番号は、ネットワーク内のルーターで同じ値を使う必要がある。

図1●EIGRPの設定と確認のコマンドを覚えよう<br>EIGRPの設定コマンドはOSFPに似ているが、routerコマンドでAS番号を指定するなど、違う部分もある。「show ip eigrp topology」などの確認に使うコマンドも押さえておこう。<span style="vertical-align: middle;"><img src="bar.jpg" width="40px"></span>はコマンド入力部分。
図1●EIGRPの設定と確認のコマンドを覚えよう
EIGRPの設定コマンドはOSFPに似ているが、routerコマンドでAS番号を指定するなど、違う部分もある。「show ip eigrp topology」などの確認に使うコマンドも押さえておこう。はコマンド入力部分。
[画像のクリックで拡大表示]

 networkコマンドでは、ネットワークアドレスとワイルドカードマスクを指定する。ワイルドカードマスクは、ネットワークアドレスがクラスフルアドレスの場合には省略できる。

 ここまで理解しておけば、問題の正解はb、c、fとわかるだろう。選択肢aは eigrpの後にAS番号を指定していないので正しくない。選択肢d、eでは、ネットワークアドレスの後にワイルドカードマスクではなく、サブネットマスクを指定している点が間違いだ。

 なおEIGRPの設定の確認には、「show ip protocols」「show ip eigrp neighbors」「show ip eigrp topology」などを使う(図1の下)。これらも覚えておこう。

Webサイトで確認!
ルーティング編 第8回 EIGRPのしくみを知る
ルーティング編 第9回 EIGRPを設定する