PR

 このところ暑い日が続き、体調も下がり気味――。そう感じている方は少なくないと思います。夜、寝るときも、エアコンをかけているのに「なんとなく寝苦しい」「眠りが浅い」などと感じたりしていないでしょうか。

 そもそも「よく眠れない!」という悩みを持つ人は多いものです。眠りは、脳の疲労を回復するためのもの。ですから、眠れない夜つまり“眠れナイト”を過ごしていると、脳の疲労につながり、やがては身体の疲れがとれなくなってしまいます。

 連載『眠れないエンジニアのための「生体リズム学」』では、ITの職場で働く人の睡眠に関する様々な悩みに対して、「生体リズム」というアプローチで解消する方法を紹介しました。この暑い時期、心地よく眠り、元気に過ごすための方法を試してみませんか。


“眠れナイト”を過ごしていませんか?

睡眠不足と肥満を招くファスト・フードの夜食

ITエンジニアの職業病──テクノストレス・テクノ依存症・テクノストレス眼症

ITエンジニアの能力は午前11時にピークを迎える

要領よく働いて睡眠時間を確保しよう

夜眠れない原因は昼間の過ごし方にあり

眠いとき我慢しない「プチ昼寝」は大正解

週末の寝だめは病気のもと

できるITエンジニアは朝早く起きる