PR

 毎月の恒例のようになっているWindows Azure Guest OSのアップデートが公開されました。今回のアップデート最新版でバージョンも1.6になっています。先日公開されたばかりのCDNエッジサーバーについても、新たにアジア内で2カ所を追加しています。

Azure Guest OSを1.6にアップデート、SDKもリフレッシュ

 2010年9月1日、Windows Azure Guest OSの最新版となるバージョン1.6が公開されました。Azure Guest OSはほぼ月1回の頻度で更新されており、この連載でも6月17日の記事で1.3(関連記事)、6月28日の記事で1.4(関連記事)、8月5日の記事で1.5(関連記事)が公開されたことを報告しています。

 今回の1.6では、Guest OS 1.5にあった7個のセキュリティ上の弱点を修正しています。また、今回のアップデートに合わせて、Windows Azure Platformのソフトウエア開発キット(Software Development Kit:SDK)についてもHotfixを適用した最新版が提供されています。

●関連情報
[MSDN Library : Windows Azure Guest OS 1.6]
[Microsoft Download Center : Windows Azure Software Development Kit(June 2010)]

アジア地区のCDNエッジサーバーを増強、ソウルと台北に

 2010年9月3日、先日公開されたWindows Azureコンテンツ配信ネットワーク(Content Delivery Network : CDN)のエッジサーバーを配置しているロケーションに、新たにソウルと台北が追加されました(関連記事)。これによりアジア太平洋地域のエッジサーバーが増強され、全世界において合計で22のロケーションに設置されていることになります。

●関連情報
[Windows Azure Team Blog : Two New Nodes for the Windows Azure CDN Enhance Service Across Asia]
[MSDN Library : Getting Started with the Windows Azure CDN]

無償セミナーとハンズオントレーニングを開催

 2010年9月11日、マイクロソフトはWindows Azureに関する、無償セミナーおよびハンズオントレーニングを10月4日から開催することを明らかにしました。対象者として想定しているのは、Windows Azure Platformを活用したアプリケーションの開発を検討している開発者の方です。

 セミナーでは Windows Azure Platformの概要や最新情報を解説します。ハンズオントレーニングではWindows AzureやSQL Azureの実践的な開発を体験する内容になっています。1回の定員は55人。今後1年間に100回以上を開催し、のべ5000人以上の開発者の参加を見込んでいます。すでに申し込みの受け付けを開始していますので、興味のある方はぜひご参加ください。

●関連情報
[Windows Azure Platform Webサイト(日本語):Windows Azure 無償セミナー&ハンズオントレーニング]
[マイクロソフト PressPass : Information Update 製品/キャンペーン情報]