PR

 携帯電話を初めとする無線通信に無くてはならない電波。日本での周波数の割り当ては、国民の共有財産である電波の公平かつ能率的な利用を確保するために、総務省が電波法に基づいて管理している。

 携帯電話のトラフィックが加速度的に増大し、周波数帯のさらなる確保が急務になる中、電波政策が大きな転換期を迎えている。再編を加速し、割り当ての透明性を高めるために、周波数オークション制度などを導入検討する方針が固まったからだ。

 電波を利用するあらゆる通信事業者の今後を左右する電波政策の転換。これまでの経緯を踏まえ、詳しく解説しよう。

目次

■変更履歴
第2段落に誤解を招きかねない表現がありましたので、文章を一部修正しました。 [2010/09/27 16:00]