PR
新日鉄ソリューションズ 代表取締役社長 北川 三雄氏
新日鉄ソリューションズ 代表取締役社長
北川 三雄氏

 現在、企業で稼働しているシステムの多くは、部門などのニーズに応じて個別最適化、分散化された“サイロ型”のものとなっている。その結果、運用コストの増大、変化への対応力の欠如など様々な課題が企業に突き付けられている。そのため、今まさに「全体最適化」を目指したシステムの変革が重要なテーマとして浮上してきた。


「作らないシステム」実現にクラウドの活用が貢献

 具体的には、これまでのようなアプリケーションを優先した「特定アプリケーションのための特定インフラ」という考え方ではなく、統合化したシステム基盤と、仮想化したシステムプールを構築したうえで、SOAを活用して各種アプリケーションのサービスを必要に沿って組み合わせていくというアプローチが有効になる。目指すのは「作らないシステム」の実現だ。その際、大きな効果をもたらすのがクラウドの活用だ。

 クラウド環境を構築する際、ニーズや課題に応じてIaaSやPaaS、SaaS、あるいはパブリッククラウド、プライベートクラウドなどを適宜選択し、組み合わせることが可能になっている。その際、システムの構成要素を標準化することが重要だ。

 クラウドの導入はシステムの標準化と同義といえる。標準化し、統合化したシステムでは、必要な部分を必要なときに、必要なだけ、クラウドのサービスとして活用することが可能になる。こうしたサービスを自社資産と適切に組み合わせれば、コスト効果に優れ、変化への対応力に富んだシステムを構築していく自由度を獲得できる。

 しかし、その一方でセキュリティや信頼性、利便性、継続性の問題など、クラウドの導入に伴う課題も指摘されている。特定ベンダーに大きく依存するベンダーロックインの危険性、データを海外に置いた際のカントリーリスクなどは一例だろう。その課題の解決には、既存システムを含め、プライベートクラウドやメンバーシップ型のパブリッククラウド、そして一般的なパブリッククラウドを適材適所に活用して共存させる形で、最適な組み合わせを検討していくことが大切になる。

 こうした考えに基づき、新日鉄ソリューションズ(NSSOL)はプライベートクラウドのためのシステム基盤構築フレームワークである「NSGRANDIR(エヌエスグランデール)」やメンバーシップ型のパブリッククラウドサービスである「absonne(アブソンヌ)」を提供し、ニーズに合わせた各種クラウドの構築・活用を支援している。

 また、自社のシステム開発に関するアーキテクチャー標準をまとめ、次世代開発フレームワークとして整備し、それをabsonne上に展開し、社内の開発プロジェクトや開発子会社、オフショアから利用できるようにしたクラウドサービス型の開発・テスト環境「NSSDCクラウド」を構築している。NSSDCクラウドは、高品質でスピーディなクラウドシステム構築サービスをお客様に提供するための基盤としても活用を始めている。

 今後のクラウドの可能性を考えると、その目的はTCOの削減から変化への対応力の強化を経て、新しい価値創造によるビジネスの革新を支援するイノベーションに変わっていくだろう。その際、TCOの削減や変化への対応力については、オンデマンド性や柔軟性、俊敏性といったクラウドが備える特性によって、要求のかなりの部分を満たせるだろう。しかし、イノベーションへの貢献となると、そこには何らかのプラスアルファ、すなわち「クラウドプラス(+)」の領域が不可欠になる。

[画像のクリックで拡大表示]

サービスインテグレータとしてクラウド時代の企業を支える

 このクラウドプラスは「クラウド+コアテクノロジー」と定義されるものだ。コアテクノロジーには、様々なデバイスやその連携のためのモバイル技術、AR(拡張現実)やセンサーネットワーク、ヒューマンインターフェース、さらにはBI( ビジネスインテリジェンス)やHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)の超並列計算などが考えられる。

 クラウドプラスでは、クラウドにプラスされたコアテクノロジーを媒介とし、金融や製造、流通、農業などの事業領域、あるいは環境や医療、福祉介護、交通、エネルギーといった社会的な問題領域で、新たなサービスの創出やソリューションの実現が可能となっていくはずだ。

 このようなクラウドの時代を迎えると、サービスプロバイダから提供される様々なサービスを適切に選択し、既存システムとの融合を図りながら、ユーザーのニーズに応じた最適なソリューションを構築する「サービスインテグレータ」の重要性が増す。

 NSSOLは、クラウドサービスのプロバイダとしての役割に加え、長年にわたってシステムの現場で実践した業務アプリケーション開発やIT基盤構築、研究開発などのノウハウを生かしながら、クラウド、さらにはクラウドプラスの時代を担うサービスインテグレータとして、お客様のシステムの革新と全体最適化に貢献していきたい。