PR

 プロジェクトマネジャー個人に依存せず、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)を設置して組織的なマネジメントを実行するプロジェクト事例が増えている。PMOの役割や機能を具体的に解説したのが本著。

 「参謀型」「管理実行型」「事務局型」の3タイプに分類し、プロジェクトマネジメント知識体系のPMBOKに基づいて、スコープや時間、コスト管理などのエリア別に課題への対処法を説明する。

 メールのルール作りやメンバーへのコーチング、遅れて参加したメンバーへのキャッチアップ支援など、実践的な情報が網羅されており、チームで様々な課題を解決していくうえで参考になりそうだ。

PMO導入フレームワーク

PMO導入フレームワーク
高橋 信也著
峯本 展夫監修
生産性出版発行
2310円(税込)