PR
「IS03」では、従来型ケータイにあって、これまでのスマートフォンになかった機能を搭載
「IS03」では、従来型ケータイにあって、これまでのスマートフォンになかった機能を搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルは今週、Android 2.1/2.2搭載の新型スマートフォンを相次いで発表した。

 先陣を切ったのはKDDI。「おサイフケータイ」やワンセグ受信など、従来型ケータイの機能を搭載したシャープ製Androidスマートフォン「IS03」を10月4日に発表した。これまでKDDIのIS seriesはQWERTYキーボードを備えた、やや大きめのサイズだったが、IS03ではタッチパネル操作を採用してスマートフォンサイズに仕上げている。

GALAXY Tabを持つNTTドコモ 代表取締役社長 山田隆持氏
GALAXY Tabを持つNTTドコモ 代表取締役社長 山田隆持氏
[画像のクリックで拡大表示]

 10月5日には、NTTドコモがAndroid 2.2を搭載した端末「GALAXY S」と「GALAXY Tab」(いずれもSAMSUNG電子製)を発表した。GALAXY Tabは画面解像度1024×600ドットのタブレット型端末で、大きさ191×121×12.1mm、重量382gとiPadの半分ほど。コンパクトなタブレット型端末が欲しいユーザーには魅力的だろう。

 ソフトバンクモバイルは10月7日に、Android 2.2搭載のスマートフォン「HTC Desire HD SoftBank 001HT」を発表した。スマートフォンとしては大きい4.3インチディスプレイ(800×480ドット)を搭載する。これに先立ち、AndroidやWindows Mobileを搭載したスマートフォン向けに、新しいパケット定額サービス「パケットし放題MAX for スマートフォン」も発表している。712万5000パケットまでは月額3985円。iPhone/iPadのみならず、Android端末などのラインナップも充実を図っているようだ。

Androidスマートフォン新製品

KDDIとシャープがおサイフケータイとワンセグに対応したAndroid端末「IS03」

[詳報]「1台持ち狙う」、Androidに従来型ケータイの機能を統合した「IS03」

ドコモがSAMSUNG電子製Android端末「GALAXY S」と「GALAXY Tab」を発表

[詳報]ドコモのGALAXY Sは2年契約で3万円を切る、GALAXY Tabは4万円超

ソフトバンクがAndroid 2.2搭載、4.3インチ画面の「HTC Desire HD」を発表

その他のモバイル端末関連記事

ソフトバンク、約700万パケットまで月額3985円の新料金プラン

Nokia、iPhone対抗スマートフォン「N8」を出荷開始

Nokia、Symbianベースのスマートフォン新製品3機種を発表

RIM、ビジネス向けタブレット「BlackBerry PlayBook」を発表

シャープがクラウドメディア専用タブレット「GALAPAGOS」発表、OSはAndroid

iPod touchをiPhoneにする中国サードパーティー製品、米国で発売へ

Androidスマートフォンのセキュリティ管理サービス、AXSEEDが開始

「撮影したもの」を検索するGogglesがiPhoneで利用可能に

IIJがiPadなどモバイル端末の業務利用を実現する新ソリューション