企業が扱う情報が飛躍的に増える“情報爆発”が起きている。Webや携帯電話といった情報ソースの多様化、内部統制に向けた情報保存の要請、マーケティングを目的としたより詳細な情報の取得が背景にある。管理コストの増大を懸念する声がある一方で、情報を収集、蓄積、活用する仕組みをグレードアップする動きが始まっている。情報爆発をチャンスだととらえなければならない。