PR

 今回の目玉は新たなオフィススイートサービス「Office 365」の発表です。これはデスクトップ版のOfficeとオンライン版の「Business Productivity Online Suite (BPOS)」を統合した企業向けのソリューションとなります。NTTコミュニケーションと発表したハイブリッドクラウドの協業やSQL AzureのService Update 5についても紹介します。

オンラインOffice「BPOS」を進化させたOffice 365を発表

Office 365のWebサイト
Office 365のWebサイト

 米マイクロソフトは10月19日、新たなオフィススイートサービス「Office 365」を発表しました。Office 365は、デスクトップクライアント製品の「Microsoft Office」と、SaaS型クラウドサービスMicrosoft Online Servicesのうちの「Business Productivity Online Suite (BPOS)」を一体化させたものです。

 Office 365にはクライアント版のOffice Professional Plusに加え、オンライン版としてExchange Online/SharePoint Online/Lync Onlineが含まれています。これにより、従来のデスクトップアプリケーションとしてだけでなく、安価ですぐに利用を開始できるWebベースのグループウエアとしてExchangeを利用したり、スマートフォンなどを含めたマルチデバイスでの柔軟な利用を支えるフルパッケージまで、小規模から大規模にいたるまであらゆる規模の企業で利用形態に合ったサービスが月額料金で利用できます。

 Office 365は、2011年に正式なサービス開始が予定されています。日本を含む13カ国向けには、正式サービス開始に先立ってベータ版が提供されます。ベータ版の申し込み方法やOffice 365の最新情報についてはOffice 365のWebサイトをご覧ください。

●関連情報
[マイクロソフト、「Office 365」を発表](プレスリリース)
[Microsoft Office 365のWebサイト]

NTTコムとマイクロソフトがハイブリッドクラウドの提供で協業

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とマイクロソフトは2010年10月13日、クラウド分野で協業することを発表しました。この連携により、NTTコミュニケーションズが提供するプライベートクラウドと、マイクロソフトが提供するWindows Azure Platformなどのパブリッククラウドを組み合わせた「ハイブリッドクラウド サービス」を提供します。

 具体的には、以下の三つの環境を組み合わせて利用できます。

  1. NTTコミュニケーションズのホスティングサービス「Bizホスティング エンタープライズ」を使って国内データセンター上に構築したプライベートクラウド環境
  2. マイクロソフトのWindows Azure PlatformおよびMicrosoft Online Services上に構築したパブリッククラウド環境
  3. 自社内で運用するオンプレミス環境

 例えば、機密性の高いデータやシステムはプライベートクラウドに置きながら、パブリッククラウドでシングルサインオンやセキュアアクセスを実現など、企業の業務形態に応じた自由度の高いシステム構築が可能となります。

図2●ハイブリッドクラウドのサービス提供概念図
図2●ハイブリッドクラウドのサービス提供概念図
[画像のクリックで拡大表示]

●関連情報
[先進的ハイブリッドクラウドサービスの提供に向け、NTTコミュニケーションズとマイクロソフトが協業](プレスリリース)

SQL AzureのService Update 5がリリース

 2010年10月22日、SQL AzureのService Update 5がリリースされました。今回の更新によりシステムストアドプロシージャーの機能が利用可能となりました。

 なお、Windows Azure Hosted Serviceを用いてMicrosoft Sync Framework 2.0(データ同期エンジン)によりSQL AzureとSQL Serverを同期させるサンプルについても公開されています。

●関連情報
[Service Update 5 Released to Production](SQL Azure Teamのブログ)
[sp_tableoption(SQL Azure Database)](MSDN Libraryのリファレンス)
[Microsoft Sync Framework - Windows Azure Sync Service Sample](MSDNのコードギャラリー)
[クラウドがデータ ハブになるSQL Azureの活用法](TechNetのブログ)

Microsoftの最新技術カンファレンスPDC10を開催

 マイクロソフトが開発中の次世代プラットフォームやビジョンを発表する技術カンファレンスMicrosoft PDC10が、米国時間10月28日~29日に開催されます。今回はキーノートとブレイクアウトセッションがインターネットのストリーミング放送として生中継されます。キーノートは、この記事が公開された直後の日本時間の10月29日午前1時(10月28日の深夜)から日本語同時通訳付きで中継されます。中継された内容は、後日オンデマンドで見ることも可能です。

 今回のPDC10ではWindows Azure Platform の機能拡張やロードマップ、Windows Phone 7やIE9の最新情報などがアナウンスされる予定になっています。このPDC10で発表された内容については、この連載で改めてご紹介させていただく予定です。

[Microsoft PDC10のWebサイト]
[PDC10 Live from the Microsoft Campus](ライブ中継)