PR

 2010年1月に稼働した東京証券取引所の新株式売買システム「arrow-head(アローヘッド)」。2005年末から2006年にかけて起こった大規模なシステムトラブルによる信頼失墜を乗り越えて、新システムを稼働するまでを、日経コンピュータ記者がリアルタイムで追いかけた。

 西室泰三会長(当時)とCIO(最高情報責任者)を務めた鈴木義伯専務のインタビューを中核に、組織改革やITベンダー選定、リスクマネジメントなどの取り組みを、具体的なデータやドキュメントを引用しながら解説している。「失敗できないプロジェクト」にかかわるプレッシャーに耐えながら、完遂に突き進む関係者の勇気に触れることができる。

システム改革の「正攻法」

システム改革の「正攻法」
大和田 尚孝著
東京証券取引所監修
日経BP社発行
2100円(税込)