PR

 結婚式や披露宴は、結婚する当人だけではなく両家の親族、友人などたくさんの方が集まる場です。服装は「自分が着たいもの」ではなく、「その場にふさわしいもの」である必要があります。

 結婚式や披露宴に出席する場合には、フォーマルもしくはセミフォーマルの装いをします。フォーマルとは礼装を意味します。公式な場、儀礼的な式典にふさわしい装いです。また、セミフォーマルとはフォーマルに準じた服装のことです。

 男性の場合は、ダークスーツに白系のネクタイが適切です。ダークスーツとは、濃い色(黒や濃紺、濃いグレーなど)のスーツです。礼服でも、普段ビジネスで着ているダークスーツでも構いませんが、シャツは必ず白い無地のシャツを合わせましょう。

 黒系のネクタイは、締めないようにご注意ください。ダークスーツに黒系のネクタイは喪服を思わせるので、通常は避けます(ただし、招待状でブラックタイの指定があった場合は、黒のタキシードを着て、黒の蝶ネクタイをつけます)。

 最近は、派手な色のチーフを胸にさす方がいますが、派手なチーフは盛り場などでの装いであり、ビジネスや冠婚葬祭には適しません。結婚式や披露宴では、チーフは白を少しポケットの淵から出す程度と覚えておきましょう。

 黒のタキシードは、会の時間を選ばずに着用できる欧米男性のフォーマルスーツですから、着用しても構いません。ただし、白のタキシードはその会の主催者が着ることが多く、結婚式の場合は新郎が着用する特殊なものですから、控えましょう。

 女性の場合は原色以外のドレス(ワンピース)が適切です。女性に注意していただきたいのは、新婦がウェディングドレスなどで白を着る可能性を考えて、白以外の色を選ぶことです。主役は新郎新婦ですから、原色で派手な色合い、露出度の高いドレスも避けた方が無難です。

 2次会のみの招待の場合、招待状に「平服でお出で下さい」と書いてあっても、普段着ではカジュアルすぎます。男性の場合はジャケットを羽織る、女性の場合はワンピースやスーツに化粧でセミフォーマルを装いましょう。


森 美緒(もり みお)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント,産業カウンセラー
1999年,教育出版社に就職し,営業および営業担当者向け研修を担当。商社での秘書業務を経て,2005年にグローバル ナレッジ ネットワークに入社。2006年より現職。ビジネスマナー,プレゼンテーション,コミュニケーションなどのヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。