PR

 IT投資に再開の動きが見えてきた。景気が回復しつつある今、本業に役立つシステムを開発したいと考える企業が増えている。ただし、これまでのように右肩上がりの成長は見込めず、システム開発に多額の予算が付くとは限らない。できるだけ投資対効果の高いシステムを作りたい。特定の場面で、適切な担当者に最適な情報を提供する「一点アシスト」システムで、担当者の意思決定を支援しよう。

目次