PR

 2010年の携帯電話市場は劇的に変化した。米Appleのスマートフォン「iPhone」の7~9月における世界販売台数は1410万台となり、四半期ベースで過去最高を記録、それまでの記録だった4~6月期よりも約70%多く、1年前に比べほぼ倍増した(図1)。

図●iPhone販売台数推移
図●iPhone販売台数推移
[画像のクリックで拡大表示]

 米Gartnerがまとめた同期間の世界携帯電話市場調査では、四半期ベースの販売台数がついに4億台を超えている。これは1年前に比べ35%増という数値。iPhoneやAndroid端末などタッチスクリーンを備える端末が躍進したことに加え、いわゆる「ホワイトボックス携帯」と呼ばれるノーブランド端末が新興国市場を中心に増えた。

 世界の携帯電話市場で圧倒的なシェアを誇るのはフィンランドNokia。同社が多くを販売する「Symbian」端末は依然首位を維持している。ところがスマートフォン市場における同OSのシェアは1年前の44.6%から36.6%へと低下。ついに4割を割り込むまでに落ち込んだ。Nokiaは高機能端末の分野でiPhoneなどに、低価格端末ではホワイトボックス携帯に攻勢をかけられ、そのシェアが激減している。

 一方カナダ Research In Motion(RIM)の「BlackBerry」にも変化が表れている。ビジネスユーザーを中心にいち早くスマートフォンが普及した米国ではBlackBerryはその代名詞。しかし米comScoreがまとめた最新の調査によると、同端末のシェアは減少に歯止めがかからない。またBlackBerryは世界市場でも減少傾向にある。前述のGartnerの世界市場調査では、これまで長らく2位を維持してきた同端末はついに4位に転落。これに代わってAndroidが2位に、iPhoneが3位へと上昇した。

Creative Commons. Some rights reserved by Nimbuzz

【関連記事】
米携帯電話市場トップはSamsung、スマートフォンOSではAndroidが上昇
2010年Q3の世界携帯電話市場、Appleが4位に
2010年Q3の世界スマートフォン市場、「Android」が2位、「iOS」が3位に上昇
2010年Q2の世界スマートフォン市場、「Android」が「iOS」を抜いて3位に