PR
CSK 中西毅 代表取締役社長 社長執行役員

 2010年は事業基盤の再構築を目的に、情報サービス事業への経営資源の集中を進めた。当社グループにおける事業の柱は「BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業」「ITマネジメント事業」「システム開発事業」の三つ。これらを組み合わせ、顧客に最適なサービスを提供できるのが強みである。これを一層強化すべく、2010年10月に各事業の中核企業を合併ならびに一体運営を実現し、グループ経営体制および事業推進体制を整えた。

 新年を迎え、当社グループはこれまで以上に3事業の連携・融合を推進していく。その一つとして、独自のハイブリッド・クラウドシステムを整備。顧客の既存システムや、顧客専用のプライベートクラウド、パブリッククラウドそれぞれの長所を融合し、これにBPOサービスも組み合わせて提供する。さらに、CSKグループがこれまでに蓄積してきた多くのアプリケーション資産を、これらのクラウド基盤から提供することで、顧客のビジネス革新に深く貢献することを目指す。

 同業他社や異業種との協業を積極的に展開し、各社の製品・サービスを組み合わせた新サービスも創造する。協業相手は国内に限らず、海外企業も検討する。飛躍の年と位置付け、顧客に必要とされる新たなサービスを創造し続ける未来創造集団として、業界においてもユニークな企業としてのポジションを確立したい。