PR
新日鉄ソリューションズ 北川三雄 代表取締役社長

 景気は回復に向かうが依然不透明ななか、顧客のイノベーションを支援するITの取り組みは、ますます重要になると認識している。当社は、超上流工程から顧客のシステム企画に参加し、対話を重ねながら、差別化された技術をもって顧客の価値を創出や成長を支援する。2011年はこの原点を守りながら、時代の変化に対応して事業構造を変革、確固たる事業基盤を確立して新たな成長を実現する。

 他社に先駆けて取り組み、順調に拡大してきたクラウド事業については、今後もサービスメニューを全領域で拡充していく。自社開発環境をクラウドサービス化した「NSSDCクラウド」については、今後も地方拠点やオフショアなどでの活用を拡大し、システム開発の品質・生産性を向上させる。また、2012年初頭に竣工する次世代データセンターを、クラウド事業の中核拠点として活用する。

 我々は“クラウド時代のサービスインテクレータ”として貢献していくと共に、クラウドと様々なコアテクノロジーを組み合わせ、新たなサービスの創造や意思決定の生産性向上を実現する「クラウドプラス」に取り組む。

 さらに、顧客のグローバル展開を支援するため、新日鉄軟件(上海)を核として中国事業の積極的拡充を図り、オフショアの拡大と多様化を目指す。これと並行して、先端的高度IT人材の採用・育成を進め、10年後も「技術のNSSOL」としてのポジションを堅持・向上していく。