PR

 マネジメント/情報システム分野で、ITpro読者が2011年に最も注目したいITキーワードとして挙げたのは昨年に引き続きクラウド関連。目立ったのは2位につけた「プライベートクラウド」の躍進ぶりだ。「電子書籍」「スマートシティ」など新顔が登場する一方、「国際会計基準(IFRS)」に引き続き注目が集まる。

表1●2011年に注目したいマネジメント/情報システム分野のITキーワード
表1●2011年に注目したいマネジメント/情報システム分野のITキーワード(有効回答数=3327)
(有効回答数=3327)
表2●2010年に注目したマネジメント/情報システム分野のITキーワード
表2●2010年に注目したマネジメント/情報システム分野のITキーワード(有効回答数=3327)
(有効回答数=3327)

 キーワードランキングのトップ2は昨年と同じ顔ぶれである。1位が「クラウド・コンピューティング」、2位が「プライベートクラウド」だった。8位に「PaaS/IaaS(Platform as a Service/Infrastructure as a Service)」、9位に「SaaS(Software as a Service)」が入っており、ベスト10中、四つをクラウド関連が占めた。クラウド関連は根強く関心を集めていることが分かる。

本格的な実用期を控え、7位から2位にランクアップ

 中でも注目したいのが、企業内に構築したクラウド・コンピューティングの仕組みであるプライベートクラウドだ。「2010年に注目した」では7位(1012票)だったが、「2011年に注目したい」では1.5倍の1572票を獲得して2位に躍進した。本格的な実用段階に入るとみられる2011年はプライベートクラウド元年と呼べるようになるかもしれない。

 2010年は「プライベートクラウドの憂鬱」「[プライベートクラウド編]CPUとメモリーだけでサイジングしてはいけない」「プライベート・クラウドは良くないアイデア」のような、プライベートクラウドそのものの存在意義や価値を考える記事が、クラウド関連記事のアクセスランキング上位に入った。2011年以降、実際の利用にかかわるトピックが増えるにつれて、読まれる記事の傾向は変化するとみられる。当分の間、プライベートクラウドというキーワードは注目され続けるだろう。

 クラウド関連のキーワードの順位が比較的安定しているのに対し、動きが激しいのがSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)関連のキーワードだ。その典型が「Twitter」。「2010年に注目した」ではクラウド・コンピューティングに続く2位だったが、「2011年に注目したい」では14位に後退している。普及のペースがあまりに急ピッチで、かつ分かりやすいサービスなので、キーワードとして注目を集める期間は短かったのだろう。

 2010年に注目したキーワードとしては8位だった「SNS」も、2011年は18位に後退。日本でもようやく注目を集めつつある「facebook」は2010年、2011年とも10位だった。2008年のニュース記事である「フェイスブックが日本語サービスを開始」は2010年におけるクラウド関連記事のアクセスランキングで2位に入っており、これからより上位になる可能性が高い。

IFRS、コスト最適化も根強い

 2009年におけるキーワード調査と比べ、新たにキーワードランキングに登場したのは「電子書籍」と「スマートシティ/スマートグリッド」。どちらも「2011年に注目したい」が「2010年に注目した」を大きく上回った。電子書籍は「2011年に注目したい」「2010年に注目した」ともに3位、スマートシティ/スマートグリッドは15位から一気に5位に上がった。

 電子書籍ではiPadに加えて、2010年後半に数多くの機器がリリースされた(「『長時間通勤さえ楽しくなる』、GALAXY Tabを電車で使ってみた」「操作性は? 読みやすさは? 電子書籍に特化したタブレット端末『GALAPAGOS』の実力を検証」「『箱から出してすぐに使える』、発売直後のソニーReaderでさっそく書籍を読んでみた」)。スマートシティは世界各国でプロジェクトが進んでいる(「クラウドが支えるスマートシティ」)。

 クラウド関連が強く、新顔のキーワードが登場するなか、根強く注目されているのが「IFRS(国際会計基準)」や「コスト最適化」だ。IFRSは「2010年に注目した」では6位だったが「2011年に注目したい」では4位。IFRSで特徴的な包括利益が適用になるなど、日本でも徐々にIFRSの影響が強まっている(「『包括利益の表示』公表延期の裏側」)。

 コスト最適化は、景気動向の先行きが今ひとつはっきりしない現在、再び関心が高まっているといえる。「2010年に注目した」では11位だったが、「2011年に注目したい」では6位に入った。