PR

問題

問19 四つの装置A~Dで構成されるシステム全体の稼働率として、最も近いものはどれか。ここで、各装置の稼働率は、AとCが0.9、BとDが0.8とする。また、並列接続部分については、いずれか一方が稼働しているとき、当該並列部分は稼働しているものとする。

ア 0.72
イ 0.92
ウ 0.93
エ 0.95

解説と解答

 まず、AとCの並列部分と、BとDの並列部分を計算します。並列に機器を接続した場合は、少なくとも1台が稼働していればいいので、2台とも稼働しない確率を1から引いて求めます。

AとC:1-(1-0.9)2=1-0.01=0.99
BとD:1-(1-0.8)2=1-0.04=0.96

 次にこの2つの部分が直列に接続されていると考えて計算します。直列に機器を接続した場合は、両方の機器が稼働していなければいけないので、それぞれの稼働率を掛けて求めます。

0.99×0.96=0.9504

 以上のことから正解はエです。

過去の同じ問題
・平成19年春期 基本情報技術者試験 午前 問33

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。