PR

問題

問21 仮想記憶方式では、割り当てられる実記憶の容量が小さいとページアウト、ページインが頻発し、処理能力が急速に低下することがある。このような現象を何というか。

ア スラッシング
イ スワッピング
ウ フラグメンテーション
エ メモリリーク

解説と解答

 仮想記憶方式で、実記憶の容量が不足し頻繁にページングが発生してコンピュータの実効速度が低下する現象をスラッシングといいます。したがって、正解はアです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

イ:スワッピングとは、主記憶を効率的に利用するために、使用していない命令やデータをハードディスクに退避させたり、中断していた処理を再開するために退避させた内容を実記憶に復帰させたりすることです。

ウ:フラグメンテーションとは記憶装置の使用領域の断片化のことです。記憶領域の割り当てと解放を繰り返すうちに、空き領域が細分化されて、連続した領域を確保できなくなる現象です。主記憶装置でも、ハードディスクでも使用される用語です。

エ:メモリーリークとは使用可能な主記憶の容量が減少する現象のことです。プログラムが処理のために確保した主記憶領域が解放されないまま放置された場合などに発生します。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。