PR

問題

問32 データベースのアクセス効率を低下させないために、定期的に実施する処理はどれか。

ア 再編成
イ データベースダンプ
ウ バックアップ
エ ロールバック

解説と解答

 データベースは、データの追加や削除を繰り返すうちに、ディスク使用領域の断片化が起きます。その結果、データが連続領域に格納されなくなって、アクセス効率が低下します。これを防止するために、データを連続した領域に格納しなおす処理が定期的に必要になります。これをデータベースの再編成といいます。したがって、正解はアです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

イ:データベースダンプとは、データベースの内容をそのままファイルに出力することです。

ウ:バックアップとは、データベースに障害が起きたときに備えて、丸ごと別の媒体にコピーしておくことです。

エ:ロールバックとは、トランザクション処理中に障害が起きたときに、そのトランザクション処理を開始する前の状態までデータベースを戻すことです。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。