PR

問題

問41 手順に示す電子メールの送受信によって得られるセキュリティ上の効果はどれか。

[手順]

(1)送信者は、電子メールの本文を共通鍵暗号化方式で暗号化し(暗号文)、その共通鍵を受信者の公開鍵を用いて公開鍵暗号方式で暗号化する(共通鍵の暗号化データ)。

(2)送信者は、暗号文と共通鍵の暗号化データを電子メールで送信する。

(3)受信者は、受信した電子メールから取り出した共通鍵の暗号化データを、自分の秘密鍵を用いて公開鍵暗号方式で復号し、得た共通鍵で暗号文を復号する。

ア 送信者による電子メールの送達確認
イ 送信者のなりすましの検出
ウ 電子メールの本文の改ざんの有無の検出
エ 電子メールの本文の内容の漏えいの防止

解説と解答

 問題文にある手順は、メール本文の送受信に使う共通鍵を公開鍵暗号方式でやりとりしています。

 これは「ハイブリッド暗号方式」といい、共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式のデメリットを解消し、メリットを活かした方式です。

<共通鍵暗号方式のメリット・デメリット>

  • 暗号化・復号に時間がかからない
  • 事前に共通鍵を安全に送付しなければならない
  • 鍵管理が難しい

<公開鍵暗号方式のメリット・デメリット>

  • 鍵管理が容易で、不特定多数の人とも1組の鍵でやりとりできる
  • 暗号化・復号に時間がかかる

 この方法によって、メール本文を暗号化できるので、メール本文の内容の漏えいを防ぐことができます。正解はエです。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。