PR

問題

問48 ブラックボックステストにおけるテストケースの設計方法として、適切なものはどれか。

ア プログラム仕様書の作成又はコーディングが終了した段階で、仕様書やソースリストを参照して、テストケースを設計する。

イ プログラムの機能仕様やインタフェースの仕様に基づき、テストケースを設計する。

ウ プログラムの処理手順、すなわちロジック経路に基づき、テストケースを設計する。

エ プログラムのすべての条件判定で、真と偽をそれぞれ1回以上実行させることを基準に、テストケースを設計する。

解説と解答

 ブラックボックステストは、システムの内部構造や処理の流れを知らないものとして、データの入力と出力を確認しながら行なうテストです。プログラムの機能を満たしているか、データの入力に対して正しい出力が得られているか(インタフェース仕様)を確認します。以上のことから正解はイです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

ア、ウ:ホワイトボックステストに関する記述です。

エ:ホワイトボックステストの手法の一つである条件網羅に関する記述です。

過去の同じ問題
・平成18年春期 初級システムアドミニストレータ試験 午前 問34

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。