PR

問題

問54 リスク識別に使用する技法の一つであるデルファイ法の説明はどれか。

ア 確率分布を使用したシミュレーションを行う。

イ 過去の情報や知識を基にして、あらかじめ想定されるリスクをチェックリストにまとめておき、チェックリストと照らし合わせることでリスクを識別する。

ウ 何人かが集まって、他人のアイディアを批判することなく、自由に多くのアイディアを出し合う。

エ 複数の専門家から得られた匿名の見解を要約して、再配布することを何度か繰り返して収束させる。

解説と解答

 デルファイ法とは、複数の専門家が匿名で意見を出し合い、それを相互に参照したうえで再び意見を出し合う、という作業を繰り返し行うことで意見を収れんさせる方法です。未来予測やリスクの識別、見積もりなどで利用されます。正解はエです。

 その他の解答群についても検証しておきましょう。

ア:モンテカルロシミュレーションに関する記述です。

イ:チェックリスト法に関する記述です。

ウ:ブレーンストーミングに関する記述です。

城田 比佐子
アイティ・アシスト インストラクタ
ITに関するコンサルティングや教育を実施するアイティ・アシストのインストラクタ。新入社員研修やプロマネ育成研修をはじめ,基本情報技術者試験,応用情報技術者試験,プロジェクトマネージャ試験などの試験対策研修の実績も豊富。著書に「3週間完全マスター 基本情報技術者 2011年版」、「3週間完全マスター 応用情報技術者 2011年版」などがある。